Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【2月4日版】一週間の Withdog & Withcat まとめ読み【犬の話】【猫の話】[2018.2.4]

2018年1月28日~2月3日 一週間をまとめ読み
f:id:masami_takasu:20181027124801g:plain

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵は、ジイターさん(飼い主:Yko♪さん)です。

【目次】

1月28日(日)

うちの子がうちにくるまで|No.16

「一戸建てを手に入れたら、犬を飼いたい」
ご主人の夢を叶えた家族のお話――、それも大型犬の多頭飼い。
多頭飼いは、先住犬が若い子犬を教育するものです。
犬には犬のルールがあって――
命の尊さ、命の繋がりを感じさせられるお話です。

1月29日(月)

犬のウンチの話|第2話

ウンチにはタブーが多い。
これについては、これまで誰かと意見を交わしたことがないので、他人がどうだかわからない。
そして最近気が付いたことなのだが、男子と女子ではポジションが違う事にも、なかなか気が付かないでいた。
今日はそんな話。ウンチを更に掘り下げた。
犬のウンチから始まった、ウンチの考察。

1月30日(火)

【犬版】病気別闘病記リスト

Withdog に掲載した病気別闘病記をリストにしてみました。
まだ病気数は少ないです。
愛犬ピーチーの闘病記も、まだ全てを掲載したわけではありません。
しかしこうやって闘病記を蓄積していくことは、使命のように感じています。
いつか、誰かのために。
ピーチーとの約束のような気もして。

 

【猫版】病気別闘病記リスト

Withcat に掲載した、猫版の病気別闘病記はこちら。
現状では、犬版よりも更に少ないです。
今後増やしていくつもりなので、闘病記を書かれている飼い主さんは、転載にご協力をお願いします。

さて、そのWithcatはもうすぐ再始動。
その最初の記事は、闘病記を予定中です。

闘病記を書くということ

闘病記を読むと、闘病仲間がここにいるという気にもなり励まされますね。
同志という気持ちです。
愛犬の闘病時の闘病仲間には特別な連帯感があって、今でも時々連絡を取り合います。

また闘病とは違うのですが、別れの準備、別れの覚悟も、闘病記から学んだように思います。大事ですね。

ペットの闘病は、全てを任されているという重圧に、押しつぶされそうな気持になりますよね。
文章を書く事には色々な意味があって、癒しの効果もその一つだと思います。
私の場合は、当時書く事で、状況を整理し、冷静になっていました。
闘病記はいつか自分に続く誰かを励ますことができますし、何よりも今の自分のためでもあります。

当事者になると、なかなか書ける心境にならないと思いますが、それでも書くことをお薦めします。

低アルブミン血症闘病記|6話

愛犬の闘病中は、色々なことが犠牲になります。
通院時間、投薬時間を守るため――
長時間外出できない、残業できないなどなど。
当事者は、それを苦労とは思わないのですが。
我が家は一人っ子。きっと多頭飼の方は大変だろうなと思っていました。

1月31日(水)

うちの子がうちにくるまで|No.17

多頭飼いの2匹目を迎える時のお話。
1匹目とはまた違う迷いと、決断が必要ですね。
避妊手術の話題も出てきます。
うちはピーチーの子供が欲しくて、避妊はせず。
良いご縁が無くて、結局、多頭飼いは果たせず仕舞い。
いたらどうだったかな?

2月1日(木)

犬のウンチの話|第3話

犬のウンチ。呼称と記述法についての考察。
今や愛犬の”アレ”については、何の躊躇もなく”ウンチ”と称することができるようになったが、以前はどうだっただろうか――?
そんな事を振り返りながら、ウンチのあれこれを考えてみた。
(多分)今回が最終話。

(追記)

バカバカしいものって、真面目に取り組むと意外に奥が深いんですよね。
ウンチがタブーでないご家庭もあるご様子。
筆者の場合は、犬のウンチは大丈夫になりましたが、人はまだダメです。
修行が足りないですねえ(笑)

因みに今、他の記事の準備で、肉球の匂いについても調べています。これまた、結構奥深いです。

2月2日(金)

ペットのお墓について考える

愛犬や愛猫のお墓って、考えたことがありますか?
あるいは、今どうなさっていますか?
これはそんなことを考えた記事。
ちなみに、我が家はお墓には入れないつもり。
だから、今もお骨はリビングに。
いつか自分の骨とミックスして、どこかに撒いて欲しいと思っています。

ペットのお墓について考える|追記-1

大切な愛犬いなくなって、気持ちが落ち着いてくると、次に気になるのがお墓ですね。
他人がどうでも、うちはうち。それでいいんじゃないかなあ。
我が家なりの送り方をしたんだから、その後だって我が家なり。 
そう思うのです。

ペットのお墓について考える|追記-2

ペットをどう弔うのか? 埋葬するのか?
宗教とかしきたりとかで、色々と言う人が大勢いますが、これって飼い主の心の中の話だと思うんです。簡単に言えば「うちの子のことなんだから、好きにさせてよ」と思えば良いのではないでしょうか。

うちはこんな感じ。
生きていたときの自分の棲家、リビングのバリケンの中で今も寝てます。

f:id:masami_takasu:20181027174740j:plain

ペットのお墓について考える|追記-3

いなくなっても、大好きな場所が一番です。
筆者自身の考えを言うと、
「自分の死んだ後のことは、好きにさせてもらう!!!」
っと考えています。死も、死後も、自分のものだから、誰にも文句は言わせないよってね(笑)

筆者はピーチの遺骨と。自分の骨をミックスして、一緒に撒いてもらいたいと思っているのですが、ここでちょっと問題があります。
筆者はヘビがきらいなので、山はイヤ。
長距離泳げないので、海もイヤ。
街中に撒いてもらう訳にもいかないし……

「まあ、そのうち考えよう」って思っています。

 

2月3日(土)

低アルブミン血症闘病記|7話 -1

『ルイの闘病記』では、冒頭に飼い主であるまるさん自身のコメントが入っています。
なぜそんな面倒なことをするのかというと、今になって当時を振り返る視点も、大事だと思うからです。
これは、まるさんとご相談の上で、そのようにしました。

低アルブミン血症闘病記|7話 -2

思い出の中には、つらい事も沢山あります。
思い出したくない事だって、中にはあります。 

「あの時の選択は、間違っていたかもしれないな」
「あの日、もっと優しくしてあげたらよかったな」

そんな風に、反省や後悔をすることも、度々です。
それでも敢えて当時を振り返るのは、これから同じ道を歩く飼い主さんの役に、役に立てたらと思うからです。

 

低アルブミン血症闘病記|7話 -3

闘病記は、病気の記録だけではないと思います。
愛犬と一緒に闘った友情の記録だし、飼い主さんの心の成長の記録でもあります。
だから私たちは、闘病記に励まされるのでしょう。
そんな前向きな闘病記を、これからも掲載したいと思います。

低アルブミン血症闘病記|7話 - 追記

愛犬の闘病で飼い主に求められる選択では、テストやクイズとかと違い、正解が1つだけということはないと思います。
飼い主が一生懸命に考えてやったことは、どれも正解の1つなんだと思うんです。
「他にも正解はあるかもしれない。だけどこれも正解」
そんな風に思えば良いのだと思います。

後悔はしたとしても、大袈裟に考えない方がいいですね。
それはちょっとした、心のひっかき傷ですから。

Withdog、Withcat より 

【2月4日版】この週は9記事を配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat 2018.2.11版――

――前回、週刊Withdog&Withcat 2018.1.28版――

――老犬アルバム――

――老猫アルバム――

――おすすめのまとめ読みです――

――おすすめの記事です――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain