Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

虹の橋の猫(第1章:銀の鈴) Complete ~愛と絆と永遠の物語~

f:id:masami_takasu:20180221095354g:plain

Review
カテゴリー:童話
作者:水玉猫
『虹の橋の猫』第1章(1話~7話)は、2017年11月21日にWithcatで連載が始まりました。
物語は、猫と飼い主のおかあさんの、いつまでも消えない心の絆を、猫の視点から情感たっぷりに描いています。
愛猫、愛犬を亡くした、多くの飼い主さんたちの共感を得た作品です。
第1章は 銀の鈴
雉白の猫が、虹の橋の街に旅立つストーリーが描かれます。大好きなおかあさんを思い出す雉白の猫。
愛情と絆と永遠のお話が始まります。

『虹の橋の猫』 第1話
ある日、猫に届いたのは、虹の橋行の切符だった――
そこから始まる、猫の旅立ちの物語。
悲しい話ではありません。やさしいお話。
語られるテーマは愛情と絆、そして永遠。
ペットとの別れを経験した方に、ぜひ読んでいただきたいです。
きっと別れって、ないんだと思うなあ。

『虹の橋の猫』第2話
猫が着いたのは船着き場。虹の橋行の船が出るところ。
沢山もってきた荷物の中から、1つだけ船に乗せる事が出来る。

うちの子の事を思いだす。あの子は何を持っていっただろう?
食いしん坊だったし、おやつだろうか?
それもいいな。あいつらしくて――

『虹の橋の猫』第3話
渡し船から飼い主が見える。やさしかったおかあさんの姿――

うちの子は、どんな風に思ってくれただろうか?
持っていっておやつに、一生懸命だったんじゃないかな?
飼い主を想って泣いたりせずに、おやつ夢中で、気が付いたら向うにいたというのがいいな。
皆さんはどうかな?

『虹の橋の猫』第4話
猫の気持ち、おかあさんの気持ち、どちらも切ないけれど暖かい。
目の前にいなくなっただけで、その子はいつも一緒にいる。
そんなことに気付かせてくれるお話です。

『虹の橋の猫』第5話
猫と飼い主との絆――
読む都度「うちの子はどう?」と自分のこととして考えてしまう。
うちの絆は、どうだったかな?
こっちは、強いつもりなんだがな。
お前の方は、どうなんだ?
――って。
小さな話だけれど、この作品、おかあさんを、ひらがなで書いてあるのがとてもいいなあ。

『虹の橋の猫』第6話
毎話ごとにうちの子のことを思い出す。
家族だった我が子を、見送ってから――
いつでもその子は、側にいるような感覚。
そこにいなくなっただけ。ずっと一緒にいるという感覚。
ペットを飼うという行為は、ペットがいなくなってからもずっと続いていますね。
きっと、いつまでも一緒。

『虹の橋の猫』第7話
第1章の最終話です。
読むほどに猫に感情が移る話。
うちの子はどうしてるかと、その都度思う。
きっとうちの子は、あっちに行ってもあっけらかんと、ボールや棒を追いかけているんだろうなあ。
こちらのことなんて思い出さなくていいよ。楽しくやりなよ!

『虹の橋の猫』1章のおわりに
『虹の橋の猫』は、昨日が1章の最終話でした。
読んでいただけましたか?
私はやはり、今はいないうちの愛犬を、思い出しました。この話を読むと、毎回うちの子の顔が頭に浮かんできます。
「あいつは今頃、どうしているのかな?」
そう思うのですが、そこに悲しみなどはなく――
きっと向うで、楽しくしているだろうと思えて、それが嬉しくもあって――
皆さんは、どう感じましたか?

連載のはじまりに寄せて
※プロローグとしての紹介文

(虹の橋の猫|その1)
虹の橋をモチーフにした物語は多いが、なんだかセンチメンタルすぎて肌に合わない。ずっとそう感じていた。
どうも自分は、虹の橋とは縁遠いなあと思っていたら、良い話に出会った。
なんとこの話、冒頭でいきなり猫に、虹の橋行の切符が届く。

(虹の橋の猫|その2)
この話は、カテゴリーでいうとファンタジー、又は童話だ。
ネタバレになるので、内容には触れないけれど、暖かくてとても良い話だ。
ペットとの別れを経験した方に、ぜひ読んで欲しいと思った。
うちの子は、あちらでどうしているのだろうか?

(虹の橋の猫|その3)
うちは虹の橋では待ち合わせはしていない。道を間違えないで、天国に行けただろうか?
道草が好きな子だった。散歩に行くと、何にでも興味をもって匂いを嗅いだものだ。太い棒や、ボールも大好きだった。
おっと言い忘れたが、うちの子は犬だ。

● 

 ――虹の橋の猫(第1章:銀の鈴)Complete・2章につづく――

作:水玉猫
解説:高栖匡躬 

――第2章はこちらです――

――おすすめのまとめ読み――