Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【糖尿病】糖尿病の猫さんと暮らすために Complete ~闘うために大切なこと~

猫が糖尿病になってしまったら
f:id:masami_takasu:20171130211138j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:panicia
猫の糖尿病・闘病記です。
人間と同様に、猫も糖尿病が増えて来ているそうです。食生活による肥満、避妊後の肥満、運動不足などが原因として挙げられます。人間同様に、現代病なのかもしれません。
さて、五里霧中の中、作者と愛猫シアンの闘病が始まります。
作中で作者は、次のように語ります。
『今まで全く手のかからなかったシアンが病気になったことは、私にとって「猫と暮らす、ともに生きる」ということの”本質”......
つまり「私にとって猫とは何か」を改めて自分に問うような出来事だったのです』
ペットの病気は飼い主を成長させるのでしょうか? それとも病気によって初めて飼い主は、有るべき姿に立ち戻るのでしょうか?

猫の糖尿病|その1
猫の闘病病は珍しいと聞いていましたが、最近ではそうでもないようです。
食生活の変化なのかもしれませんね。私の友人の愛猫2匹も、この病気に見舞われてしまいました。
今回ご紹介する闘病記は、実際にその友人が、闘病の参考にしたというブログを、作者の方にお願いして、転載させていただきました。

猫の糖尿病|その2
糖尿病というと、インスリン注射が必要なケースが多いですね。
友人は仕事が終わると、家に飛んで帰って、注射をうってあげていました。
投薬には苦労しますね。
うちの子は別の病気でしたが、8時間ごとに薬が必要でした。
飼い主は大変ですね。でも、大事な家族ですからねえ。

猫の糖尿病|その3
糖尿病の闘病で大事なのは、食事への気遣い。
しかし、良いものには際限がありません。
我が家の愛犬は糖尿病ではありませんが、超低脂肪の療養食でした。
療養食あまり美味しくないようで、食べさせるのに工夫が必要だったのを思いだします。
闘病は長く続きます。だからお互いが、無理のない食事を望みたいですね。

猫の糖尿病|その4
病気の時の食事は、選択肢が絞られていますから、飽きてしまうのは避けられないことです。
飼い主の食事の悩みは共通ですね。我が家も色々なものをトッピングしました。
今も大事と思うのは、簡単に大好物を使わないこと。連投しないことです。
大好物にはいつか、もっと先になって助けてもらう時がきます。

猫の糖尿病|その5
闘病で大切なのは、病院選び。
人も動物も、病気の診断には問診が最重要。
しかし動物は口がきけず、その問診は飼い主に対して行われます。
獣医師と飼い主との相性が、治療の鍵を握るのです。
病院を選ぶのは当たり前のこと。悪いことではありません。

猫の糖尿病|その6-1
犬猫が重大な病気をわずらった時、セカンドオピニオン、サードオピニオンはとても役に立ちます。
獣医師によって診たてが異なり、治療方針が違うと知る事はとても良い事です。
それは、選択肢を増やすことであり、治る可能性を高めることでもあります。

猫の糖尿病|その6-2
治らないと言われた病気が治る。治るはずの病気が治らないことは”良くある”ことなのです。
獣医師の腕の良い悪いはもちろんありますが、それよりも飼い主との相性が大事です。
飼い主は愛猫に寄り添います。獣医師は飼い主の心により添って欲しいですね。

この作品が生まれた経緯 

はじめに本作を紹介してくれたのは、Withdogでライターと編集をやって下さっている樫村慧さんでした。
「友人の猫が糖尿病で、その闘病でとても助かったブログがあるんです」
そう言われて拝見したのが、paniciaさんの『猫が糖尿病になってしまったら』です。

とても良い文章でした。闘病記とは思えないほど面白くて(失礼)――
そこですぐにpaniciaさんにご連絡し、編集と掲載の許可をいただけないかとお願いをしました。
そして出来上がったのがのが、本作というわけです。

paniciaさんのブログはとても面白くて、その後も『多頭飼いの幸せ』という記事を、編集を加えた上で、掲載をさせていただいています。
――高栖匡躬 ――

作:panicia
コメント:高栖匡躬 

 

――おすすめの まとめ読みです――

――おすすめの 闘病記です――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain