Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【3月18日版】一週間の Withdog & Withcat まとめ読み【犬の話】【猫の話】[2018.3.18]

2018年3月11日~3月17日 一週間をまとめ読み
f:id:masami_takasu:20181024174639g:plain

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵は、シュウさん(飼い主:あみママさん)です。

【目次】

3月11日(日)

311 あの日私たち家族は|前編-1

未曽有の大震災が東北地方を襲ったのは、7年前の今日でした。
初めは何が起きたか分からず――
やがて中継が始まりました。
津波に映像に衝撃を受けたことを思い出します。
そして原発事故。
その時、東京都江戸川区に住む友人は、個人的に2台のガイガーカウンターを所有していました。

311 あの日私たち家族は|前編-2

その2台は、ウクライナ製の高性能なもの。
2台とも数字が上がりました。政府の発表する数字よりもずっと高く。
「これからどうなるのか?」
東京も、私の住む横浜も、先の見えない不安に包まれていました。
被災地にいた方々は、一体どのような思いだったのでしょうか?

311 あの日私たち家族は|前編-3

地震発生時に、作者の奥村來未さんは宮城県に。
「私は死んでも、絶対にこの子たちは守る!」
幼い子供と愛犬に覆い被さり、激しい揺れに耐える。
やがて避難所へ――
そこでは――
「極限状態で、自分は大切なものを守れるだろうか?」
そんな事を考える。

311 あの日私たち家族は|追記

被災してもいない人間が、何を言っても上滑りな気がして、被災された方には申し訳ない思いがしますね。
1年後の夏に、仕事で八戸の港に近いところに入りました。
かつて街だった場所で、見渡す限りの荒野に茫然としました。

関西の方々は、関東にいる人たちよりも更に実感がないみたいですね。

その日がくるまで生きようず!13話

検査結果に一喜一憂は、ペットの闘病にはつきものですね。
そして抗がん剤のこと――
回数を重ねると耐性がついて、段々と効かなくなる。
副作用も心配――

カリッカリッ……
猫さんがフードを食べる音に、作者の心が和みます。
頑張ろうず!

まとめて読もうず! その①

3月12日は波多野都さんの愛猫、ソーニャちゃんの命日です。
どうせなら「その日」に間に合うように――
ということで、本日は「その日」が来るまで生きようず! のまとめ読みを公開しました。
今回は ”はじめに”と、”リンパ腫と判明するまで”の4話。
合計5話まとめ読みです。

まとめて読もうず! その②

”はじめに”は、「その日」が来るまで生きようず! の前半部で、最も好きなエピソード。
波多野さんがなぜ闘病記を書き始めたのか? その理由が語られます。
実はこれは、愛猫、愛犬の闘病記を書く方の思いを代弁しています。
ここだけでもぜひ!

3月12日(月)

311 あの日私たち家族は|後編

一夜が明けた避難所
情報から孤立し、不安に包まれる作者。しかし――
「冷やっこい手ぇ。風邪ひくぞ」
厳しい状況の中、人の暖かみにも触れます。
自分はこんな時、大切なものを守れるか?
人に優しくできるか?
そんな事を考えさせられる記事です。

ペットが病気の時の、ネット検索のコツ

愛犬、愛猫が病気になった時、ネット検索で情報を集めますね。
私も随分調べました。
でもこれ、ちょっとしたコツを知らないと、効率が悪いばかりか、間違った情報まで、手に入れてしまいます。
実体験を元にしたコツ。
お役に立てばいいのですが。

3月13日(火)

災害に備えて考える事

先日掲載した『あの日私たち家族は』は、色々と考えさせられました。
わが家では、”あの日”以来、犬を連れて非難する方法を考えるようになりました。
避難所の様子を知るほどに、心の準備が必要だと感じて。
皆さんは、愛犬をどう守りますか?――

その日がくるまで生きようず!14話

食事のこと――
毎日のように考えますね。飼い主は。
食べた/食べない?
良いサプリは無いか?
「飼い主さんから直接『良い』と聞いたものにまさる情報はありません」
他の子の闘病記を読むメリットは、ここにもありますね。
本当、助かるず!

3月14日(水)

今食べているフードが、愛犬の将来を決めるかも|4話

8話連載の最終回。
食べるだけでなく、食べない事も大切。
食べない意味を知ると、食事が変わるかもしれません。
基本は長い視野で食事を考えること。
良いフードにばかり目が行きがちですが、【粗食】も【食べないこと】も大事なんです。

猫は外飼い?/ 室内飼い?

猫、寿命を考えたら、室内飼いですね。
マンションは必然的にそう。
実家は田舎で、子供の頃は犬は犬小屋。猫は縁側から勝手に出入りしていました。
野良猫が家に来ることもよくあって。
大らかな田舎の関係も懐かしいけれど、時代にあった飼い方も大事。

(追記)
地域猫は、飼い猫とは違う視点が大事ですよね。
そして、経済(資金)と密接です。
本当は猫+経済で把握しないといけないのに、猫だけを見る方が多いんですよね。
活動の最前線にいる方々のご苦労には、本当に頭が下がる思いです。

看取りの記録のこと|その1

明日からWithdogで、筆者の愛犬ピーチーの、最後の闘病と看取りの記録を配信します。
2年前に立派に闘って旅立ったピーチー。
今でも、誇りに思っています。
さて、なぜその看取りの記録を配信するかと言うと、理由があります。
それは闘病記の配信と似た理由です。

看取りの記録のこと|その2

ペットロスのかなりの割合は、闘病と看取りで、思い残すことがあった時に起こるように思います。
筆者も闘病と介護を経験したので、その気持ちは良く分かります。
しかし、闘病も看取りも、何度も経験するものではありません。
特に看取りは、犬の一生で一度だけです。

看取りの記録のこと|その3

犬の平均寿命が15年ほどと考えると、続けて犬を飼い続けても、看取るのは片手に余るほどですね。
だから、看取りの経験豊富な飼い主は、そもそもいないのです。
思い残すことがあって、当たり前だと思うのです。
しかし、より良い看取りというのは、あるように思います。

看取りの記録のこと|その4

より良い看取りには、愛犬が元気なうちから準備が必要だと思います。
自分らしく送るには?
愛犬らしい去り方は?
日頃から考えていないと、看取りは必ず予想外の結果になります。
当たり前ですね。予想していないのだから、予想外になるわけです。
ではどうする?

看取りの記録のこと|その6

悲しみならば癒えます。しかし後悔は癒えることがありません。
だから、思い切り悲しんであげて、後悔を残さぬようするために。
すでにペットロスにある方は?
あなたの経験が、たった一人の辛い思い出でないと知るために――
看取りの記録は、そのためにあると思うのです。

f:id:masami_takasu:20181026092734g:plain

 

3月15日(木)

うちの子が旅立つまでのこと|はじめに-1

今日から、愛犬ピーチーの看取りの記録を配信します。
2年前と同じ日付で、経過を辿ります。
――まずは内容――
本日15日は、予兆を感じとった、始まりの日。
16日、17日は、看取り全般についてのコラムを。
18日から、また経過を辿り、29日までの連載です。

うちの子が旅立つまでのこと|はじめに-2

はじまりは、ほんの小さな予兆。
体の震え。ときどき息が粗い。食欲不振。
ピーチーは大病を大きくは2度経験してから、体調が悪いときがたまにありました。既往症もありました。
またかな? と思ったのが始まりでした。

その日がくるまで生きようず!15話

闘病は、食欲不振との闘いででもある。
美味しいものは色々あるけれど、病気のことを考えると――
そんな時、良いものを見つけると、嬉しいんですよね。
元気な時の何十倍も嬉しい!
頑張ろう、うん、ばんがろー!

3月16日(金)

うちの子が旅立つまでのこと|前文1

2年前の日付を辿る企画ですが、
当時のブログが2日欠けているので、前文を挟みます。
看取は我が家なりの方法を探すのが大切――という内容です。
その時の準備と同時に、今を豊かにするために。
どうか考えながら、続きを読んで下さい。

うちの子が旅立つまでのこと|前文1 - 追記

犬も猫も、最後は自分の死を通して、色々な事を教えてくれるような気がします。
別れが近いことは肌で感じ取れるものです。
だからこそ普通にって思いますね。日常の中に別れがあるのだと思うのです。

”その時”、愛犬と言葉は交わせないのに、心が通うのを実感しますね。
寂しい事だけれど、とても良い時間だったと思います。

こういう言い方が適切かどうか分からないのですが、看取りは自分にとっての財産です。いつまでも、心の中の宝物ですね。

ハナちゃんの動物病院(猫)|5話

今日の話題は子宮蓄膿症。
妊娠と間違って来院し、発見された例です。
猫はこの病気、気付きにくいのだそうです。見つかって良かったですね。
ホルモン剤(発情抑制)のメリット/デメリットを交えて。

 

3月17日(土)

うちの子が旅立つまでのこと|前文2

犬を看取る時、不思議な事が良く起きます。
別れの直前、急に元気を取り戻して家族を驚かせたり、
家族が休みの日を待つように旅だったり。
うちの子はオトボケですから、そんなことはないと思っていました。
ところが……
不思議ですね。

うちの子が旅立つまでのこと|前文2 - 追記

最後の時(終末期~臨終の時)って、寂しいけれども良い思い出です。
思い出す度に力をもらうし、今でもまだ心が通っているんだと思わせてくれます。
「今頃ピーチー、どうしているかなあ?」
そう思うたびに、「あっちで、楽しくやっているだろうなあ」と思って、笑顔になります。だから、別れは悪いものじゃないと思います。

その日がくるまで生きようず!16話

「ドキソルビシン」
リンパ腫に対して最も強力な抗癌剤
毒性も強く……
慄く飼い主――

以前うちの子がICUに入ったとき、隣のケージの小型犬が抗癌剤投与をしていたっけ。
確か『危険:要注意』というような張り紙があった。
強いんですね。

Withdog、Withcat より 

【3月18日版】この週は15記事を配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat 2018.3.25版――

――前回、週刊Withdog&Withcatt 2018.3.11版――

――おすすめのまとめ読みです――

――おすすめの記事です――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain