Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【4月8日版】一週間の Withdog & Withcat まとめ読み【犬の話】【猫の話】[2018.4.8]

2018年4月1日~4月7日 一週間をまとめ読み
f:id:masami_takasu:20181023123931g:plain

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵は、バズ―さん(飼い主:バズ―ママさん)です。

【目次】

4月1日(日)

うちの子が旅立ってからのこと|3話

別れの3日目。心境の変化を綴ったもの。
その当日は「やりきった」という充実感があり――
しかし、段々と寂しさが大きくなりました。
ピーチーが癲癇を発症したのは、前年。
それから休まず書いたブログは、更新の頻度が落ちて行きました。

(追記)
子供の頃に飼った犬たちとの別れは、あっさりしたものでした。平均寿命が3年ほどの頃で、田舎で、外飼いだったので、看取りというようなこともせず。だから、初めて自分で子犬から育てて、看取った経験でした。

悲しさはないのに、寂しいんだなあと思いましたねえ。
今は、寂しさは楽しめています。
うちの子がいた証みたいなもんです。

その日がくるまで生きようず|20話

大きな副作用もなく終わった1クール目。
そして”2クール目”の開始。
奇跡を期待する飼い主。
だが――、検査結果は良くはない。
副作用を覚悟で、がんを叩くのか?
飼い主の選択は?
闘病は、身を切る選択の連続だよ。
それでも、頑張ろうず!

4月2日(月)

うちの子が旅立ってからのこと|あとがき-1

別れから4か月。8月の頃の心境。
大きくなっていた寂しさはひと段落。
この頃から、寂しさは楽しめばよいと、思うようにまりました。
わが家がピーチーを思い出すときには、常に笑いがありました。
寂しさは、いつも楽しい思い出と共にやってきたのです。

うちの子が旅立ってからのこと|あとがき-2

きっとその楽しい思い出を、これから味わえないことが寂しいのだ。
楽しい思い出を作った本人が、今ここにいないことが寂しいのだ。
だから――
寂しさは、楽しさと表裏なのだと思いました。
そして、寂しさを消せば、楽しさも消えてしまうように思いました。

うちの子が旅立ってからのこと|あとがき-3

ならば、寂しさも楽しめば良い。
――そう気が付きました。
そう考えるようになると、
「寂しさはきっと、ピーチーがそこにいた証なのだなあ」
と、思えるようになりました。
寂しさはきっと、愛おしいものなのだと思います。

うちの子が旅立ってからのこと|あとがきへの追記

愛犬愛猫の看取り(別れ)を、正面から受け止めるのって大切だと思います。
しかしそれは事前の覚悟がないと、きっと難しいんです。
うちのピーチーは過去に何度か大病をして、その都度覚悟をさせられて、練習を積まされたので、なんとかなったのだと思っています。

それを感謝すべきなのか?
そうでない方が良かったのか?
わかりませんね。

ピーチーが去った直後は、何を見てもピーチーとの思い出が蘇りましたねえ。
今だって、ピーチーの大好きなものを食べる時には、ついついちょっと残しちゃうんですよ。
最初それをは、ウーーンと思っていたんですけどねえ。
今ではそれも良いかなと思うようになりました。

今、愛犬愛猫を亡くして、ペットロスに悩んいらっしゃる方へ。
思い出した時に、ニヤリと笑えるようになったら、きっとペットロス卒業かもです。

犬と猫の食べ物を語ろう|まとめ読み

2月に連載した、食べ物に関する記事のまとめ読みを公開しました。
食べ物に関するネット記事は、言葉の統一がされておらす、内容的も間違ったメッセージを発信しているものが、少なからずあるようです。
それらに警鐘を鳴らす意味で書いたのが、本記事です。

知識を得ようとして検索したのに、それが間違った情報じゃ困りますよね。

(内容)
1.闘病中は、大好物を守らなきゃ (全3話)
2.言葉の意味にもムラがある ~あらためて食を考える~ (全1話)
3.今の"食"が将来の幸せをつくる (全4話)

4月3日(火)

野良猫のアイデンティティ|前編

※某社の依頼で書いた短編小説。
テーマは #京都 と #猫 です。

ハワイから京都を訪れた日系3世。
どこにいても異邦人の、私――
それは私が、自分のルーツを探る旅でした。
鉄道の無い、野良猫のいない――ハワイ。
私が日本で見つけたものは?

4月4日(水)

検索のノウハウ|増強版

愛犬猫の病気やトラブルで、検索することが良くありますね。
しかし、良記事はなかなか探せません。
しかも――、ネット上には間違った情報も溢れています。
本記事は、その方法を探ります。
【猫版】のご意見を反映し加筆。
【犬版】として掲載します。

 

4月5日(木)

その日がくるまで生きようず!21話

闘病中も小康状態の時は、普通の生活を取り戻しますね。
快適に過ごさせてやろうと、新しいマットを用意したり、好きそうなおやつを買い込んだり。
うちもそうでした。
色々してあげることって、闘病の一部だし、思い出の一部なんですよね。

4月6日(金)

禁煙のススメ|前編

犬の受動喫煙は、人間よりずっと危険らしいです。
知ってました?
ひょんな事から調べ始めました――
読んだ資料の中には、6倍危険という記述も。
本当かな?
――どうやら本当に危険らしい。
でも、どうやってそんな数字が出るの?
今日は、その導入編です。

(追記)
次回の記事を読んでいただくと分かるのですが、体高が低い事での2次喫煙と3次喫煙の影響が、思った以上に効いているみたいです。統計の数字に出ているんですね。
喫煙者の方は、ドキッとされるかもしれませんね。

4月7日(土)

野良猫のアイデンティティ|後編

※某社の依頼で書いた短編小説。
テーマは #京都 と #猫 です。

地方の名家と聞いた祖母の生家。
探すが今は無く――、野良猫だけがそこにいた。
私のあだ名はCat、駆逐されぬように懸命に生きてきた。
私がはそこで見つけたんだ。私を――

(追記)
京都は仕事では何度も行ったのですが、実は観光をしたことは一度も無いんです。
金閣寺も、銀閣寺も見たことがありません。
いつか、目的なしで、ブラブラしたいものだと思っています。

Withdog、Withcat より 

【4月8日版】の週には、9記事を配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat 2018.4.15版――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

――おすすめのまとめ読みです――

――おすすめの記事です――

 

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain