Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【7月15日版】一週間の Withdog & Withcat まとめ読み【犬の話】【猫の話】[2018.7.15]

2018年7月8日~7月14日 一週間をまとめ読み
f:id:masami_takasu:20181016165952g:plain

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵は、チャベスさん(飼い主:チャベスママさん)です。
[Topics]
(開始)老犬アルバムを開始しました
(人気)車椅子犬からのお願いが、支持を集めました
(完結)ステロイドの話、完結しました
[主な内容]
・ハナちゃんの動物病院(犬)(猫)
・その日がくるまで生きようず
・うちの子がうちにくるまで(猫)|まとめ
・ゆうすけの闘病記
・ステロイドの話
・車椅子犬からのお願い
・チョコラッの闘病記
 など

【目次】

7月8日(日)

ハナちゃんの動物病院(犬)|12話

今日は肛門腺の炎症のお話。
正式には肛門嚢(のう)というらしく、分泌物が溜まります。
筆者はこれ、絞るのが苦手というか、一度も上手くいかず。
試みる度に愛犬ピーチーは、迷惑そうな顔でこっちを見ました。
皆さん絞るのはお上手?

(追記)
コツを知ると簡単みたいですが、どうも我が家は上手くいきませんでした。
うちのピーチーは本当に迷惑そうに、まるで眉毛が八の時になったかのような顔でこちらを見るので、そのうちに断念して、毎月の通院の時に獣医さんにお願するようになりました。

その日がくるまで生きようず!40話

もしも副作用が出るならば、ピークかなっという日。
幸い、猫さんは平穏そう。
「口を利けない動物なだけに、どうしてほしいのか、飼い主は顔色を見て判断するしかない」
心配な、飼い主。
「今日がこのまま無事に終わってくれますように」

【老犬アルバム】No.1

応援します、老犬さん!
私は老犬が大好きです。
生きた道のりが、滲み出るようでもあり、子犬みたいに純粋な可愛さもある。
老犬って、可愛さの本番なのかもしれません。
シニア犬って言うより、老犬の方が味があるよなぁ。
WIthdogは可愛い老犬を、1匹ずつ紹介していきます。

今日ご紹介するのは、アイリッシュセターのハリー君

f:id:masami_takasu:20181018185508g:plain

【老犬アルバム】No.2

老犬さんは、私がみつけるだけでなく、自薦他薦もOKです。
↓ 必要なのは、たったこれだけです。
①名前
②年齢
③小型犬、中型犬、大型犬の区別(人間年齢に換算します)
④一言メッセージ(カードに入れます)
⑤そしてお気に入りの写真
私宛にDMをください。
お待ちしてます。

今回ご紹介するのは、我が家のラフです。

f:id:masami_takasu:20181018185350g:plain

● 

7月9日(月)

ゆうすけの闘病記(1/3)

僅かな異変に気付いてから、1か月半で旅立ってしまったゆうすけ。
犬の病気はドッグイヤーで進行する。
一生懸命に生きてくれたから、大きな後悔は無いよ。
でも――
ちょっとだけ、心残りはあるんだ。
残された時間を共に生きた、犬と飼い主の記録です。

(追記)
別れは寂しいですが、犬はその去り際にも、素敵なものを沢山残してくれます。
かけがえのないパートナーですね。
だからこそ、次の子との暮らしは、より輝くように思います。
書くことって不思議な効果がありますよね。
今の思いも、思い出も、より鮮明に見えてきますから。

運命の子

運命の子って、確かにいるんだと思う。
お前は、初めから運命の子だったのかなあ?
それとも長い時間をかけて、運命の子に育ったのか?
まあ、どちらでもいいことだ。
どちらにしても運命なんだし。
それに――
うちに来たっていうだけで、もう十分に運命の子だ。

f:id:masami_takasu:20181018182327g:plain

 

【猫版】うちの子がうちにくるまで|まとめ読み①

飼い主たちが、猫を飼うまでの葛藤を描いたエッセイ。
今回は第1~6話です。
1話と2話は、先代猫を亡くした飼い主が、運命の子と出会うお話。
「おかえり」の言葉の意味は?
その他4話。合計3匹の猫のうちにくるまでです。

f:id:masami_takasu:20181018182219g:plain

↓ まとめ読みはこちら

7月10日(火)

ステロイドの話|中編

ピーチーの治療で行ったのは、ステロイドの大量投与。
即効性がある反面で、副作用が顕著に出てきます。
薬を減らすときの『離脱症状』も、より大きなものです。
失敗もありました。
そこで分かったのは、医師も良く知らないんだということでした。

(追記1)
症例ごとに効き方も副作用も違うので、使い方が難しいんですね。
だけど、そこに工夫の余地があって、その”工夫”の域まで踏み込んでくれる医師が少ないのだと思います。
飼い主側でできることは、飼い主がやらなきゃと思いました。

(追記2)
うちの子の場合は、一番大きかったのは、筋力の低下と、激やせでした。
フットボール型のブルテリアの顔が、ボルゾイみたいになりました。
本人はきっとしんどかったでしょうが、頑張りました。

(追記3)
使いすぎはダメは、確かに皆さんご存知ですよね。
でも、方法論になると、考えが固定的な感じがします。
処方も減薬も、色々と方法があるのだから、
『幾つもの選択肢の中から、その子に会う最適な方法を見つける』
という姿勢で、治療にのぞんで欲しいんですよね。
無理な要望じゃないと思うんです。

(追記4)
獣医さんって、ほとんどの場合、主治医に一生を診てもらうから、よほどひどい人に当らない限り、他を知らないってことも有り得ますよね。
うちの子は色々な病気をして、二次診療を随分受けて、医師の違いを知りました。
主治医も良い人でした。
ホームドクター+専門医が良いですね。きっと。

その日がくるまで生きようず!41話

「このままずっと穏やかに過ごして、気づいたら何年も経ってて……」
飼い主の心の声。
その一方で「難しい病気なんだ」と思い直す。
そうじゃないと、「その日」に私は耐えられないだろうから。
覚悟も大事で、今も大事。
がんばろうず!

『うちの子がうちにくるまで』によせて

子供の頃は犬がいて当たり前だった。
その内いないのが当たり前になり、やがて飼い方も忘れてしまった。
当時は今と違い、犬の平均寿命は3年ほどの時代。
だから、うちの子を迎える時は、新米飼い主だった。
懐かしいなあ。

f:id:masami_takasu:20181018182943j:plain

7月11日(水)

車椅子犬からのお願いです

車椅子の犬を、見たことがありますか?
思わず、応援したくなりますね。
ところが、物珍しさで声を掛けてくる人もいるようで、飼い主さんは複雑なようです。
影ながら応援が良いのかかな?
「おはよう、元気だね」
くらいの一言がいいのかな?

(追記)
私が見かけた子は、とても楽しそうに散歩をしていました。
犬は順応性が高いから、車椅子も受け入れてしまうんでしょうね。
特別だって思わないのが、一番良いんだと思います。きっと。

ハナちゃんの動物病院(猫)|16話

今日は捨て猫のお話。
春と秋は猫の出産ラッシュ。動物病院には、保護された捨て猫もやってきます。
ミルクの飲ませ方や、うんち・オシッコの説明をしてと……
ハナちゃんママは多忙です。
出産を望まなければ、是非、避妊、去勢手術を。

『老犬アルバム』始めます

皆さんは、老犬ってどんなイメージですか?
子犬の頃には、全然想像できませんよね。
でも、愛犬が歳をとったら、
「老犬ってのも、良いもんだなあ~」
と思うはずです。
この企画は、愛すべき老犬を、1匹ずつご紹介するものです。
さて、今日の老犬は?
#秘密結社老犬倶楽部

f:id:masami_takasu:20181018183454g:plain

【老犬アルバム】No.3

今日から老犬アルバムは、本格的にスタートです。
今回ご紹介するのは、ゴルのかん太さん。
かなり男前なかん太さん、とても優しそうですね。
皆さんも是非『老犬アルバム』にご参加くださいね。

f:id:masami_takasu:20181018185058g:plain

7月12日(木)

ゆうすけの闘病記(2/3)

残された時間を、楽しく過ごそうとする飼い主。
楽しくする事にも、
努力や決意が必要なんです。介護って。
そして――
最後の散歩、最後の食事と、最後の~が増えて行く。
切ないけど、それを受け止めるのが飼い主。
それでも楽しんでやるのが飼い主。

その日がくるまで生きようず!42話

スープを、コキュコキュといい音をさせて飲む猫さん。
食べてくれると嬉しいね。
元気な時の食事は生活の一コマ。
でも病気になると、それが一番大事な時。
平穏な日々が懐かしいね。
でも、小さな事が嬉しいって大切な事。
がんばろうず!

【老犬アルバム】No.4

今日ご紹介するのは、オーストラリア犬のテツさんです。
穏やかで優しい表情に癒されますね。広大な土地を走り回っていたのかな?
皆さんも是非『老犬アルバム』にご参加くださいね

f:id:masami_takasu:20181018185034g:plain

『老犬アルバム』によせて

犬を飼い始めた頃、子犬が歳をとるなんて考えもしなかった。
7歳、老犬と言われる歳でも、うちの子は子供みたいだった。
12歳頃、1つずつ出来ないことが増えた。
「老犬って可愛いんだな」
そう思った。
老犬は可愛さの本番だった。
#秘密結社老犬倶楽部

7月13日(金)

ステロイドの話|後編

ピーチーの過去(14年)の処方経過と、劇症肝炎治療時の、大量投与の経過をまとめました。
飲んだ量は本当に大量で、人間の体重に換算すると毎日56錠も飲む計算。
当然、副作用も、離脱症状も極端でした。
ステロイド剤の、ケーススタディとなる情報と思います。

(追記)
免疫を落とすために一生懸命薬を飲ませるというのが、とても切ない思いでしたねえ。飲ませながら、自分は何をやってんだろうと思って――
免疫に『お前、しっかりやれよ』と言ってやりたかったです。

(追記)
ステロイドは使い方が簡単ではありませんからねえ。
その子その子で、最適な答えが違うんだと思って、獣医さんが取り組んでくれると良いのですが。
ガンですと、炎症を取り除くのと、副作用で免疫が落ちるのとの天秤ですね。
どうか楽しい毎日が送れますように。

【犬版】うちの子がうちにくるまで|まとめ読み②

飼い主たちが、犬を飼うまでの葛藤を描いたエッセイ。
今回は第6~10話。
6話は、たたたま保健所を訪れた夫婦が、片目を失った犬に心惹かれ、家に迎えるまでのお話です。

その他4話。

f:id:masami_takasu:20181018183839g:plain
↓ まとめ読みはこちらです。

7月14日(土)

ハナちゃんの動物病院(犬)|13話

今日はニキビダニのお話。
ダニにも色々とあって、ニキビダニは痒くないのが特徴です。
免疫力があると、寄生していても発症しにくいんですね。
脱毛が広がって、気付きます。
目や口の周りが多いので、気が付いたら、早めの受診を。

その日がくるまで生きようず!43話

調子が悪くて、ぐったりしている猫さん。
「うちの子にも奇跡がきっとくる」
はじめはそう信じていたけれど……
現実は過酷。
でも、諦めたのではない。
今日を一生懸命に生きるのだと思い直しただけ。
「明日」という希望を、見続けよう!

Withdog、Withcat より 

今週は15記事と、4枚の老犬・老猫カードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat 2018.7.22版――

――前回、週刊Withdog&Withcat 2018.7.8版――

――老犬アルバム――

――老猫アルバム――

――おすすめのまとめ読みです――

――おすすめの記事です――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain