Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

ピーチーの闘病記:急性膵炎・胆管閉塞編 Complete ~突然の発症。命を賭けた闘病~

ピーチーの闘病記:急性膵炎・胆管閉塞編 (1話~4話)
f:id:masami_takasu:20181005174311j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:高栖 匡躬 

その日愛犬のピーチーは元気が無く、食欲がありませんでした。
喜ぶだろうと思って、大好きなアイスクリームを上げてみたのに、それも食べないのです。おかしいぞと思いました。

このときピーチーの体の中では、急性膵炎が起きていました。
そしてその急性膵炎は、胆管閉塞を併発し、ピーチーは絶体絶命のピンチとなります。掛かりつけの主治医は、暗に安楽死をすすめました。

しかし飼い主は、闘うことにしました。
いや、そんな積極的なものではなかったかもしれません。
諦めきれなかった。
諦めないためには、闘うしかなかったのです。

急性膵炎・胆管閉塞闘病記|1/4
~奇跡の正体・強運の正体~
突如の膵炎

ある日突然、我が家のピーチーを襲ったのは急性膵炎
危険な状態でしたが、幾つも幸運が重なって無事回復しました。
「良かった」と胸を撫でおろす飼い主。
――しかし、そうではありませんでした。
それは本当の闘病の始まりだったのです。

急性膵炎・胆管閉塞闘病記|2/4
~奇跡の正体・強運の正体~
胆管閉塞の併発

急性膵炎の炎症は、胆嚢と胆管にダメージを与えていました。
胆管閉塞を併発していたのです。
主治医は安楽死を仄めかしました。
しかし、そこからが本当の闘いです。
対応できそうな病院は、どこも予約が一杯。
さて、どうするかーー

急性膵炎・胆管閉塞闘病記|3/4
~奇跡の正体・強運の正体~
危機からの帰還

ピーチーの強運は続きます。
死の一歩手前を、ことごとく綱渡りのように切り抜けていくのです。
手術で勝負をするか? 内科的な治療に賭けるか?
最後の決断も、ピーチーの運が見方をしたとしか思えない判断を、ギリギリのタイミング行なったのでした。

急性膵炎・胆管閉塞闘病記|4/4
~奇跡の正体・強運の正体~
大切なことは、選択肢を増やすこと

闘病を振り返ると、飼い主はただ選択肢を増やしていただけ。
しかし、それが重要なのだと思います。
例えれば、”ハズレ”しか入っていないクジの中に、”アタリ”の札を仕込むようなもの。
闘病というのは、そんなものなのかもしれません。

あとがきに 

この時の急性膵炎と胆管閉塞との闘病からは、色々な事を教わりました。
元気一杯だったうちの子と、今日にも別れが来るかもしれないという現実です。
この闘病記を読んでいただくと分かるのですが、たくさんの幸運が重なり、愛犬ピーチーは死の淵から帰還しました。

『うちの子は、いつか死んでしまうんだ』
命が永遠でないことをはっきりと意識した時――
その時が、実は幸せの始まりだったように思います。

――高栖匡躬 ――

作:高栖匡躬
解説:高栖匡躬 

――同じ作者のまとめ読みです――

――おすすめの闘病記・まとめ読みです――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain