Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【6月30日版】注目:偏食対策|我儘で食べない場合、犬を飼うということ 【週刊WD&WC】[2019.6.30]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年6月23日~6月29日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵は幸(こう)さん(飼い主:鬼嫁.comさん)です。
[Topics]
・チョコラッの闘病記
◎老犬アルバムの思い出⑨
☆原因不明のペットの脱毛|作者セルフコメンタリー
【完結】れんの闘病記
・突如の偏食
☆犬を飼うということ
 など

 

 

6月23日(日)

チョコラッの闘病記|75話

今日から、記事の構成が変わりました。
チョコラッは幾つも病気を抱えているので、何かを行うと、副作用同士がぶつかりがちです。
休ませようとすると、リハビリができないとか……
大病を抱えると、どれも気になることばかり。
飼い主はつらいね。
そして、いつもよりも詳しい検査を。
結果は?――

【6月23日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
・三毛ランジェロの保護日記|エッセイ①
・ハリー君、誕生日のカウントダウン
☆はながうちにくるまで
・老犬アルバムの思い出⑧
・チョコラッの闘病記
・ちぃの闘病記|まとめ
〇オタ福診療所|肺がん
◎れんの闘病記
 など
[表紙]
今回の扉絵はくろさん(飼い主:くろい蜜柑さん)です。

f:id:masami_takasu:20190630080534g:plain

【6月23日版】

【再編集】
【本当の気持ち】~岳がうちにくるまで(後編)~

ペットショップで出会ったあの子はまだ居てくれるだろうか…
作者と夫は急いで車に乗り込んだ。
犬を飼う時には、だれもが何がしかのハードルを越える。
そのハードルが高ければ高いほど、それは運命の子なのだろうなぁ

【過去記事】
【猫の人間年齢】~猫の年齢を人に換算してみると~

犬には小型犬、中型犬、大型犬で、別々の人間年齢年齢換算表があるが、
猫にはそれがない…
と思ったら外猫(野良猫)には別の年齢表があると、『the Cat owner'smanual』という本の中に見つけた。興味深い本だなぁ

【長老からのお誘い】老犬アルバム

老犬アルバムでは、おじいおばあワンのご参加をお待ちしております。
一日一日をママとのんびりやってるよ。
そんな仲間に会いたいんだ。
お空組(年齢不問)おじい、おばあニャンも是非どうぞ。

f:id:masami_takasu:20190630080336g:plain

【老犬アルバム】No.141

はなさんをご紹介。
なんと、頭はとうもろこし、肉球は枝豆の匂いがするんだって。
つぶらな瞳の可愛らしいはなさんは、いい匂いもしちゃうんだねぇ。
愛情たっぷりママの手作りご飯で、しんどい季節を乗り越えよう!!

f:id:masami_takasu:20190630080122g:plain

6月24日(月)

老犬アルバムの思い出 ⑨

No.23のナルトさんは可愛らしくて、ツイートがいつも楽しみでした。
お空に旅立った時の衝撃は、今も忘れられません。
老犬と老猫の違いを知ったのは、ナルトさんのカードを作っている頃。
そして、私が尊敬する飼い主、真凛さんの愛犬No.24のアレサさんが登場します。

 

【1年前の今頃は?】週刊Withdog&Withcat

この週では迷子猫を探すポイントをご紹介しています。まさかの時の為に参考になるかもしれません。
コポーさんのカラーがどんどん巨大化してくお話も。
うちの龍馬は、カラーつけた時は器にぴったりサイズで。ハマって食べれないって怒っていたなぁ(笑)

f:id:masami_takasu:20190630062138g:plain

【2018年7月1日版】

【再編集】
【初めての犬が保護犬】~はなこがうちにくるまで~

作者の母親が、子犬を連れて帰ってきた。仕事で行った保健所から引き取ったらしい。父と祖母は大反対、祖父は中立。

大変な迎えられ方をした子犬のはなこ。反対してた人が犬の魅力にやられちゃうってあるあるだよね

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(9/26)~

愛猫はもう脚から採血ができない為首の血管から。
痩せてしまったが体重が思った程減ってないのはお腹の腫瘍が大きくなっているから。もう抗がん剤は効いていない。疲れきって涙を流す作者。
自分の愛犬の闘病時が重なった

6月25日(火)

れんの闘病記|2/2

れんは幸い、腫瘍ではありませんでした。
しかし、その翌年に相棒のちぃに心臓腫瘍が見つかります。
ちぃの闘病を側で見守るれん。
通院の長い時間は、家でおとなしく待ちました。。
しかしやがてちぃとは別れの日が来ます。
ちぃは贈り物をし、去っていきました。

【再編集】
【はじめての犬】~チョコラッがうちくるまで~

その当時、作者は抱える病気は治る見込みがないと、長年勤めた会社を退職し、専業主婦になった。
「ワンちゃんと暮らしたいな」実家では犬を飼っていた作者がそう思うのは自然な事だった。運命の出会いはどんな風に?

【過去記事】
【車の前に飛び出してきた】~みみ子さんがうちの子になったのは(前編)~

最大時猫7匹、犬4匹と暮らしていた作者にとって最初の猫との出会いは、ある日突然やってきた。夜勤明け、ボーっとした頭で車を駐車場から出した時…
「轢いちゃった?」
車を降りると…

6月26日(水)

 

【再編集】
【初めての多頭飼い】~ティアラがうちにくるまで~

カニヘン・ダックスの子が2歳を過ぎて「そろそろ2番目の子を」という思いが湧いてきた作者。
良い出会いがあれば、とペットショップから保護犬まで、なんとなく見ている毎日。
そんな時夫から思いもよらない話が…

【過去記事】
【なんで連れて行っちゃったの?】~みみ子さんがうちの子になったのは(後編)~

犬猫多頭飼いの作者の最初の子であるみみ子さんは賢いけれどやんちゃな猫。
食洗機に足を挟んで骨折したことも…
そんなみみ子さんのお別れには、こんな不思議な事が起きたのだった…

6月27日(木)

チョコラッの闘病記|76話

血液検査の結果、PCV(血球容量)がかなり上がってきました。
まだ貧血には変わりありませんが、嬉しいです。
他の数値も改善し、免疫抑制もしっかりとかかっていました。
しかし――
改善してきた理由は釈然とせず。
医師の経験に頼った方法です。

【再編集】
【念願の一戸建て】~マックスがうちにくるまで~

「一戸建てを手に入れたら犬を飼いたい」作者の夫の長年の夢。
しかも飼ったのは大型犬のゴールデンレトリバー。
新築に子犬、そりゃあもう大変だと思う。
実はうちもこんな感じで先住犬のゴルを迎えたのでわかるのだ…

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(11/26)~

愛猫がベッドで粗相をしていた。
あれほどきれい好きだった子が…もう動く力が出ないのかもしれない…
今日が最後の一日になるかも…
カーテンを開けて、目も半開きになって呼吸も荒くなっている愛猫に朝日を見せると…

【老犬アルバム】No.142

れんさんをご紹介。
クレートや車が苦手なんだよね。
優しいれんさんは、大好きな同居犬ちぃちゃんを傍で支えて見送ったよ。
今度はお空からちぃちゃんが見ていてくれるから、ご家族の愛に包まれて、のんびり行こうね。

f:id:masami_takasu:20190630080011g:plain

【オタ福の相談部屋】『止まらない下痢。考えられること、やるべきこと』

『止まらない下痢。考えられること、やるべきこと』についてです。
糞便検査の結果、目立った病原体は発見できず。
しかし、下痢は治らずどんどん体重は減っていく。
そんな時、考えられること、やるべきことについて回答しています。

6月28(金)

『犬を飼うということ』

サイト名なのですが、記事として書いたことがありませんでした。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

【再編集】
【初めての多頭飼い】~ルナがうちの子になったのは~

先住犬の他に新しい仔を迎えようと考えた作者。
年齢的に、自分がその子を看取ってあげられるには今迎えるしかない…
命を預かる責任はとても重い。
だからこんな風に次の子を迎えようとした作者の考えは大切な事だ

【リライト】
【断尾】~痛くないから、気になってしまうんだね~

休診の日曜日 、ハナちゃんママの病院に急患。
ひどい切り傷がお腹と腰に、後肢には擦り傷がある猫。
消毒と縫合処置をしたハナちゃんママは、腰の傷の深さ、起立できない、シッポが動かない事で嫌な予感がした。

【オタ福の語り部屋】 『ダリエ徴候とそのほかの症状』

『ダリエ徴候とそのほかの症状』について ダリエ徴候とは肥満細胞腫に付随して起こる症状、赤く腫れてしまうのが特徴です。
これ以外にも肥満細胞腫の細胞内にある物質が身体には悪さをします。
皮膚に腫れものを見つけたら、触らないようにしましょう。

● 

6月29日(土)

 

【再編集】
【きっかけは猫】~はながうちにくるまで(1/3)~

作者が犬を飼うきっかけは一匹の猫だった。
初めて飼った拾い猫を旅行に連れて行くほど溺愛していた。
ある時、泊まっていた宿の網戸をその子が自分で開けて部屋を出て行ってしまった。
戻ってくると信じて探したけれど

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(12/26)~

もう日を越せない事も覚悟していた愛猫が、よろっと起き上がったかと思うとごはんスペースへ。数回カリッカリッという音をたてた。
この音がまた聞けると思ってなかった作者はボロ泣き。
生命力の凄さに私まで涙が出てきた

Withdog、Withcat より 

【6月30日版】先週は26記事と、2枚の老犬・老猫カードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

 老犬、老猫アルバム

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか