Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【10月20日版】話題:さくらがうちにくるまで×2作-うちのさくらちゃん【週刊WD&WC】[2019.10.20]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年10月13日~10月19日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵はチビさん(飼い主:しゅるんさん)です。
[Topics]
・ピィ子の育児日記
☆凪がうちにくるまで
☆さくらがうちにくるまで|2作
・ろくすけの闘病記
◎老犬アルバムの思い出㉒
・ねこさん、増えました
 など

 

10月13日(日)

【10月13日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
・ピィ子の育児日記
・ろくすけの闘病記
◎花と風の闘病記|2話、3話
・バナーを作りました
☆くぅーたんがうちにくるまで
☆凪がうちにくるまで
 など
[表紙]
今回の扉絵はシファさん(飼い主:ベルシファさん)です。

f:id:masami_takasu:20191020041613g:plain

【10月13日版】

www.dogcat.site

ピィ子の育児日記|7

うちにきて7週間
散歩の距離が伸びて来て、すれ違う人全員に愛想を振り巻いています。
公園の給水場で水が上手に飲めたり、階段の上り下りが真っ直ぐにできたり。
体重はとうとう6㎏を越えました。
力もついてきて、突発的な動きをして事故が無いように要注意です。
相変わらず、毎日が大冒険です。

www.withdog.site

【再編集】
【凍結手術】【腫瘤】~老齢犬の治療に向いています~

ハナちゃんママの病院に、低温のガスで腫瘤を凍結して壊死させる治療のペンタイプデモ機が。
外科手術より身体への侵襲性が少なく、痛みや出血も最小限に抑えられる。
ハナちゃんのイボを試しに取ってみた…

www.withdog.site

【過去記事】
【リンパ腫】~3クール目(9/16)~

愛猫にいつものサプリを飲ませ抱っこで落ち着かせる作者。
「おいしかったね。がんばったね」と声をかけると目を閉じて「うん…がんばった」という顔に。
数秒後「ゲフッ」と小さなゲップ。
赤ちゃんの授乳のような大切な時間だ。

www.withcat.site

【老犬アルバム】No.181

ピレネー犬バーディさんの妹としてやってきたポロちゃんをご紹介
自分の事も大きいと思っていたんだって
いつも大好きなパパに、お顔かお尻をつけて寝ていたよ
空の上からパパと妹犬アンジュさんを
見守ってくれているね

f:id:masami_takasu:20191020041852g:plain

ピィ子、昨日警報が出ていた、裏の川

ピィ子、勝ったああああーー

ピィ子、22時46分の新横浜

10月14日(月)

凪がうちにくるまで|2/2

保護した子猫は、毎日大きくなっていきます。
「早く里親を探してあげなければ」
しかしそれは、難航しました。
子猫はめちゃくちゃに可愛いくて――
「我が家で飼うのが運命なのかもしれない」
しかし、ようやく癒えかけたペットロスの蓋が開くことが恐い作者でした。

www.withcat.site

【過去記事】
【ストルバイト結晶|闘病中】~だって、添加物は食べさせたくない~

愛犬の疾患名はストルバイト結晶。
聞きなれない言葉だ。作者が言いたいことは病気のことではなくどうやってそれと向き合うかと言うこと。
色んな対処方法がある中で悩みながら選択をしていくお話

www.withdog.site

【過去記事】
【捜索】~効果的な捜索手順で、早く見つけてあげること~

今回も各地に台風の被害が出てしまったが、被害者は人間だけではない。
飼い猫や飼い犬も家を失って放浪したり、驚いて逃げ出したり。
保護活動家である作者がいなくなった猫を見つける方法を教えてくれた。

www.withcat.site

[追悼]小雪さん

老犬アルバムNo.123の小雪さんが、昨朝お空へ旅立ちました。
何も食べられず水しか受け付けなくなって、9月が越せるかな、とママは心配したけれど、昨日まで本当によく頑張ったね。
ママは「思い残すことは無い、小雪も私もやり切ったから涙はないよ」と言っていたよ
小雪さん、どうぞ安らかに

f:id:masami_takasu:20191020042022g:plain

【オタ福の語り部屋】『犬のレプトスピラ症』

台風後に発生が多いと言われているレプトスピラ症についてです
オタ福にできることはこの程度ですが、今噂されているこの感染症がどんな病気なのか、是非ともご参考にして頂ければと思います
先日の台風にて被災された方へ心からお見舞い申し上げます

www.otahuku8.jp

ピィ子、もうチョットで出られそう

10月15日(火)

さくらがうちにくるまで

出会いは突然でした。
1年前に飼い始めたぶん太で、トイプードルの魅力にはまってしまった私。
おやつを買おうと入ったペットショップに、その子はいました。
レッドカラーの女の子。美人系でなくてかわいい系の――
私の心はもうメロメロでした。

www.withdog.site

【過去記事】
【2匹目を迎える】~ここあ がうちにくるまで~【はじめての多頭飼い】

最初の子『はな』を迎えてから、ブリーダーが定期的に開催する「オフ会」に参加するようになった作者。
その中に皆に交互に抱っこされ、とても愛想がよくて喜びを全身で表す女の子がいた…

www.withdog.site

【過去記事】
【リンパ腫】~3クール目(10/16)~

愛猫の血液検査の結果が、厳しい数値だった。
「いよいよ、別の薬剤を入れることを検討する時期かもしれません」
ああ、きちゃったか……
それでも最後まで諦めず一日でも長く今のように過ごさせてやりたい…
作者の強い想いが伝わってきた。

www.withcat.site

ピィ子、初めての雨

10月16日(水)

ろくすけの闘病記|25話

前回の発作以降、ガタガタ・ブルブルが落ち着くのを待っていたら、いつもの検査が1カ月遅れになってしまった。
ろくすけは病院嫌いだけど、この日は絶好調で、歩く歩く!
もう少し暖かくなったら、新しい靴で散歩しようね。
で、検査の結果はと――

www.withdog.site

家族になったよ|犬|No.10

今日ご紹介するのは、
角田鶴瓶さんの家族になった、アンジュさんです。
うちの子記念日は2015年7月14日
(飼い主さんより)
バーディがお空に行って、落ち込んでいた私を救ってくれた子です

f:id:masami_takasu:20191020042125g:plain

【過去記事】
【ペットロス】~看取って初めて分かること。伝えたいこと~

愛犬が亡くなってから2回目の春に書いた記事。『血の涙』という言葉は元々は愛犬の闘病ブログへのメッセージに咄嗟に書いたものだった。
言葉として重いけれど、いつしかそれは優しいものになっていた…

www.withdog.site

ピィ子、階段あがるよ!

10月17日(木)

老犬アルバムの思い出 ㉒

老犬アルバムの写真を使ったサプライズ。
それは飼い主さんに、新しい思い出をプレゼントすることにもなるのではないかな?
そんなことも考えながら、それが自分のやりがいになっていたりもします。
どうかなあ?
今回はNo.69のラブさんからの4ワン。

www.withdog.site

【再編集】
【マダニ】~人にも感染する、人獣共通伝染病の恐れも~

マダニは、ダニと言っても大きい。しかも色んな(危ない)病気を媒介するため注意が必要だ。
駆除剤を使用したり、お散歩から帰ったら顔やおなか・足元・背中・シッポなどダニが付いていないかチェックが必要だ

www.withdog.site

【過去記事】
【純血種の血統を守ること】~猫のブリーダーさんのお話(ラグドール編)~

犬猫多頭飼いの作者が血統種を迎えたとき、そのご縁を繋いてくれたブリーダーさんのお話。
そこには幾つものルールがあり、それによって純血種を守っているという事を今まで知らなかった…

www.withcat.site

【老犬アルバム】No.182

家族旅行に行った沖縄・琉球から名前を貰った琉さんをご紹介。
泣き虫ママの涙を舐めてくれたり、気遣いの出来る優しい性格なんだよ。
とっても愛して貰って嬉しかったから皆に優しかったんだね。
空からママを守ってね

f:id:masami_takasu:20191020042402g:plain

ピィ子、じっとしていろって言われても……

10月18(金)

ねこさん、増えました|12

ライが4階からダイブした光景は、何度も思い出されて、今もぼくを苦しめる。
その日の出来事を、より詳しく残しておこうと思う。
あの瞬間――、ぼくの心は凍り付いたんだ。
「ちーた!」
ぼくは手を伸ばした。
「ちーた!」
でも君は暗闇に消えた……

www.withcat.site

【過去記事】
【ペットの死に備える】~いつかのときの、心の準備のために~

愛犬が亡くなった後、心の準備なく目の前で変化していく愛犬を見なくてはいけなかった作者。
思い出すと胸が苦しくなるほどの変化だった。
でも、それを知っておくのはとても大切だから書き記した記事。

www.withdog.site

● 

ピィ子、う〜〜〜ん、寂しいなあ

10月19日(土)

さくらがうちにくるまで

子供の頃、実家には川上犬がいました。
しかし結婚後は犬のいない生活。
18年目――、離婚で取り戻したのは犬と暮らせる自由です。
「よし!飼おう!」
一大決心をして探したのは、ずっと心に残っている日本犬。
私は柴犬を、家に迎えることにしました。

www.withdog.site

【過去記事】
【妊娠中なのに犬を飼った娘】~ルイがうちに来てすぐ~

同居していた娘夫婦が、ペットショップで犬に一目惚れして「この子を飼いたい」と言いだした。
その当時、娘は妊娠5ヶ月。
作者はもちろん反対したけれど…出会いって、ある日突然やってくるものなんだよね。

www.withdog.site

【過去記事】
【リンパ腫】~3クール目(11/16)~

この日は気温も高かったので愛猫の調子も良かった。
なので、久しぶりに楽しい思い出がいっぱいのバルコニーに出してみた。
「わーい!」と、軽快に飛び出していく愛猫。
闘病中のこんなひとときが作者を支えているんだろうなぁ。

www.withcat.site

【オタ福の語り部屋】『全身性エリテマトーデス(SLE)の治療法』

『全身性エリテマトーデス(SLE)の治療法』についてです。
SLEは全身性の自己免疫疾患であるため、自分の細胞核に抗原を作る抗体(抗核抗体)を検出することで、診断を進めていきます。
治療は薬で免疫を『とにかく抑える』ことを徹底していきます。

www.otahuku8.jp

ピィ子、長いお留守番の結果はーー

 

Withdog、Withcat より 

【10月20日版】先週は22記事と、3枚の老犬・老猫カード、1枚の家族になったよカードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

老犬、老猫アルバム

 家族になったよ

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか