Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【11月24日版】注目:犬を飼って良かった、車椅子の散歩は可哀そう? 【週刊WD&WC】[2019.11.24]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年11月17日~11月23日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵はりくさん(飼い主:りくの家族さん)です。
[Topics]
・ピィ子の育児日記
【再】テツへの手紙|樫村慧コメンタリー
・猫宅|まとめ③
・猫宅
・チョコラッの闘病記
☆犬を飼って良かった
・私の空、マナ|まとめ⑥
・ちぃとれんのエッセイ集|まとめ
☆たったそんだけのこと~お日様を浴びた散歩が好き~
 など

 

11月17日(日)

【11月17日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
・Withdogは11月11日で、2周年を迎えました
・ピィ子の育児日記
☆哲がうちにくるまで
☆ごめんね、はな
・チョコラッの闘病記
・ねこさん、増えました
・うちの子がうちにくるまで|まとめ⑪
・私の空、マナ|まとめ⑤
 など
[表紙]
今回の扉絵はポリスさん(観察者:女神さん)です。

f:id:masami_takasu:20191124070901g:plain
【11月17日版】

www.dogcat.site

ピィ子の育児日記|12

うちにきて12週間
先週は体が大きくなったのを実感。
胴回りはそのままで、長くなった印象です。
それと、まっすぐ歩ける距離が伸びてきて、ピーチーと行っていた、思い出の公園まで足がのばせました。
ロングリードでボール遊びをしてあげましたよ。

www.withdog.site

【再編集】
【ただであげます】~ちょび がうちにくるまで~

可愛がっていた猫『おいで』を突然亡くした作者。
翌日供養をした帰り道、作者がペットショップに寄ると
外にゲージが積み上げられていて真冬なのにどのゲージにも雑種の子犬が…
[ただであげます]という張り紙つきで

www.withdog.site

【過去記事】
【捨猫/コミック】~ひとつの命を拾うこと(2/10)~

子猫を連れて帰るのはいいけれど、問題があることに気づいた。
作者は猫に関しての知識ゼロ。それに加えて根っからの犬派。
しかもすでに家にはブラック&クリームの色合いのメスのダックスフンドがいるのだ…

www.withcat.site

【老犬アルバム】No.193

ミントさんをご紹介
10年以上一緒に暮らしたハリーさんが旅立ってから体調を崩してしまったね。
元気になったミントさんが、可愛いお洋服を着てお茶目で愛らしい姿を見せてくれて本当に嬉しいよ。
ゆっくりいこうね。

f:id:masami_takasu:20191124071331g:plain

ピィ子、走って来たよーー!!

11月18日(月)

【再編集】
テツへの手紙|樫村慧コメンタリー

オーストラリア犬、テツの生涯を描いた『テツへの手紙』
今回は、樫村慧さんのコメントによるまとめ読みです。
迎えた子犬は小さな体なのに、大きな手。
守ってあげなきゃと、家族は決心します。
テツはどんな犬生を送ったのでしょうか?

www.withdog.site

【再編集】
【非再生性免疫介在性貧血】~最終検査結果まで(1/6)〜

一昨日から、愛犬は疑わしい免疫介在性溶血性貧血の薬を飲み始めたが、ヘルニアの薬と飲み合わせが悪いらしく、ヘルニアの薬は中止。
ヘルニアでお腹が痛くなるのでは?と心配したが今のところ大丈夫そう…

www.withdog.site

【過去記事】
【猫の保護】~ひとつの命を拾うこと(3/10)~

動物病院で「拾った子猫の里親探しをお願いしたい」と相談すると獣医さんは苦い笑みを浮かべ「里親を探すのはいいけれどチラシはつくってもらわないといけないし、一日五百円かかるけどいいの?」
えっ、そうなの?

www.withcat.site

[追悼]ぷちこさん

老犬アルバムNo.44のぷちこさんがお空に旅立ちました。
ローラーキャッチを成功させて、嬉しそうにママに持っていって褒めてもらったね。
「私、とても幸せだったよ。ありがとう」ぷちこさんの声が聞こえるようだよ。
オスカーさんに大好きなママを託していったんだね。
どうか、安らかに。

f:id:masami_takasu:20191124071713g:plain

ピィ子、 ザリガニと会ったよ!!

11月19日(火)

猫宅・44の物語③

『猫宅』のまとめよみ、その3
初話はまず、脱走の常習犯、月が起こした大事件。
月はなんと、女の子だけを集めた部屋の扉を開けてしまいます。
結果は3匹が妊娠。
猫宅は予期せぬ出産ラッシュに突入していきます。
21匹だった猫は、最終15話で倍近い41匹に。

www.withcat.site

【再編集】
【非再生性免疫介在性貧血】~最終検査結果まで(2/6)〜

愛犬の主治医から「直ぐにでも骨髄で造血されているか検査したい」と言われた作者。
全身麻酔が必要な為に後回しになっていた検査を行った。
来週検査結果が全て出揃うが、原因不明と言われる可能性が高い…

www.withdog.site

【再編集】
【猫の保護/結膜炎】~ひとつの命を拾うこと(4/10)~

貰い手が見つかるまでは責任をもって育てなければ、と作者。子猫は男の子。
月齢は歯が這えてきている具合から三ヶ月と診断。
そろそろ離乳期というところで、母親から引き離されて捨てられたのかもしれない…

www.withcat.site

【すきま時間の獣医学】『犬猫の皮膚糸状菌症』

『犬猫の皮膚糸状菌症』についてです。
皮膚糸状菌はカビです。被毛のケラチン部位に付着し、抜け毛やフケを増やします。
まだ免疫力が弱い子犬子猫や、免疫抑制剤治療中の子では注意しましょう。
ちなみに、このカビは人にも感染する病原体です。

www.otahuku8.jp

ピィ子、ライオンが来たーーー!!!

11月20日(水)

猫宅のお話|その20

44の物語、今回は外猫くまのお話。
ある日玄関先に現れた、まるで熊みたいな風貌の猫。
くまはボス猫ポリスに、対抗心をむき出しにしました。
何度も繰り返させる死闘。勝利したのはくま。
しかし一見乱暴者のくまは、人にはすりよって来る甘え上手でした

www.withcat.site

『猫宅』をサポートするお話

猫宅は現在42ニャンが住む、猫の秘密基地。
その暮らしを綴ったエッセイが、『猫宅のお話』です。
その猫宅を少しだけサポートさせていただこうと思います。
アマゾンの欲しいものリストで、支援物資を『猫宅』にお送りする試み。
皆さん、ぜひご協力を。

f:id:masami_takasu:20191124073514j:plain

家族になったよ|犬|No.14
今日ご紹介するのは、
ゆきねーさんの家族になった、モグちゃんです。
うちの子記念日は2019年11月11日
(モグちゃんから一言)
僕って不細工? 可愛いよねぇ。
▼ #家族になったよ

f:id:masami_takasu:20191124073309g:plain

【再編集】
【非再生性免疫介在性貧血】~最終検査結果まで(3/6)〜

愛犬の主治医からは、免疫介在性溶血性貧血と断定はしないが、
消去法で考え、免疫介在性溶血性貧血の可能性が一番高いと言われた作者。
輸血は体調を診ながらとなるが、引き続き献血犬を探さなくてはならない

www.withdog.site

【過去記事】
【猫の保護/先住犬と折り合うか?】~ひとつの命を拾うこと(5/10)~

夜の10時を回って作者が帰宅すると、先住犬がいつものように出迎えてくれた。
まずは先住犬に子猫の入った段ボールを見せる。
先住犬が子猫を受け入れてくれないと迎える事は出来ないのだから…

www.withcat.site

【すきま時間の獣医学】『肝リピドーシス』

『肝リピドーシス』の治療法
この病気は栄養不足→体脂肪で栄養補充→キャパオーバー→肝臓に脂肪が蓄積という流れです。
治療法はとにかく"食べてもらう"こと
どうしても食べてくれない場合は強制給餌や胃瘻チューブの設置を検討しなければいけません

www.otahuku8.jp

ピィ子のシッポ占い!!

11月21日(木)

チョコラッの闘病記|93話

ついにプレドニン(ステロイド)を断薬。
色々と副作用が出ていたので、無くせるものなら無くしたい。
でも、断薬にはリスクもあって、前回は失敗だった。
慎重に時間をかけて減薬をしてきた今回。
上手くいくと信じたい。

www.withdog.site

犬を飼って良かった

君が来て、家族には笑顔が増えた
躾は大変だったけど、お陰で私は我慢強くなった
毎日散歩して、仲間だって増えた
でも――、君はあっという間に歳をとった
ヨロヨロ歩く君を見て、
もしかしたら、私は優しくなった
犬にも、人にも
ありがとう、天国の君

f:id:masami_takasu:20191124084106g:plain

 

【再編集】
【非再生性免疫介在性貧血】~最終検査結果まで(4/6)~

愛犬の圧迫排尿をしたら尿が真っ赤という同じ夢を何度も見ては夜中に飛び起きる毎日の作者。
実際には普通の尿しか出たことはないけれど…
頭の中が愛犬の病気への不安でいっぱいなのが伝わってきて辛かった。

www.withdog.site

【過去記事】
【猫の保護/点眼薬】~ひとつの命を拾うこと(6/10)〜

子猫を連れ帰った次の日の朝、段ボールの子猫を見た作者は衝撃を受ける事に。
昨日はかろうじて開いていた左目が目ヤニでくっついてしまい完全に閉じてしまっていた…目が開いていないのに点眼液を入れられるの?

www.withcat.site

【老犬アルバム】No.194

ミルキーさんをご紹介
大好きなママのお膝に乗って甘えるのが、最高の時間だったね
大好物の焼き芋の時は、嬉しくて、くるくる回っちゃうんだって
ママに愛されてとびきり幸せだったよ、ってお空から見てるんだろうなぁ

f:id:masami_takasu:20191124071849g:plain

【オタ福の語り部屋】『多発性骨髄腫の治療法と予後』

『多発性骨髄腫の治療法と予後』についてです。
多発性骨髄腫の治療法は腫瘍に対するアプローチと腫瘍によって崩された全身状態に対するアプローチの二つで攻略していきます。
今回はこれら2つの方面から治療法を詳しく解説しています。

www.otahuku8.jp

ピィ子、老犬さんには優しくね!!

11月22(金)

私の空、マナ|まとめ⑥

本作品の最終回を含むまとめ読み。
マナの避妊手術をどうするか――
悩み続けた作者に、結論は出たのか?
マナの病気を知り、段々と変わっていった作者。
それは『マナと暮らす幸せ』を実感したから。
そして変わったのは作者だけではありませんでした。

www.withcat.site

【再編集】
【非再生性免疫介在性貧血】~最終検査結果まで(5/6)~

愛犬の病気、免疫介在性貧血には2種類(再生性と非再生性)に分けられるらしいが、非再生性と判明した。
大学病院に移る事を勧められてしまうような厄介な難病。
調べれば調べるほど厳しい現実が突きつけられた

www.withdog.site

【過去記事】
【猫の保護/驚異の猫グッズ】~ひとつの命を拾うこと(7/10)~

貰い手が見つかるまで一緒に生活する以上、子猫の過ごす環境を最低限整えなくてはならないと作者は考えた。
日中、仕事で家を空けてしまう為、段ボールの中に置いて出掛けるのは不安が大きかった。

www.withcat.site

ピィ子、伏せができたあ!!!

今日11/22は ワンニャンの日

11月23日(土)

【まとめ】
ちぃとれんのエッセイ集

犬は意外と頑固で、こうと決めたら一途。特に嫌いなものはそう。
『なぜこれが?』という些細なことにこだわります。
本作の主人公ちぃは爪切りが嫌い。れんはクレートが嫌い。
”嫌い”が元で起きる事件は、傍目にはとても面白いものです。

www.withdog.site

たったそんだけのこと ~お日様を浴びたお散歩が好き~

ふらつきながらお散歩するのは見っともないの?
車椅子でお散歩するのは可哀想?
私ね、お日様に当たって大好きな道を歩きたいの。いっぱい匂いを嗅いでいたいの。
お母さんはいつも「生きてるだけで偉い」って言ってくれるよ。
「歳をとるのは尊いこと」って褒めてくれるよ。

f:id:masami_takasu:20191124084316g:plain

【再編集】
非再生性免疫介在性貧血】1~最終検査結果まで(6/6)~

「落ち込むから調べるのを止める!」と言いながら
心配になりネットで調べてしまう作者。
前回の血液検査では新しい薬を試したら数値が若干回復していたが
数値はあくまでデータ。
一喜一憂する事なく受け止めたい

www.withdog.site

【過去記事】
【猫の保護/ふわふわのタオル】~ひとつの命を拾うこと(8/10)~

子猫の生活に必要な物を買う為、作者はホームセンターの後に隣の百円ショップに立ち寄った。
そこで、その後の子猫の運命を変えるアイテムに出会う…
手触りがとにかく優しいふかふかなものに…

www.withcat.site

ピィ子、雨の日は……

Withdog、Withcat より 

【11月24日版】先週は25記事と、3枚の老犬・老猫カード、1枚の家族になったよカードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

 

老犬、老猫アルバム

 家族になったよ

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか