Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

コラム

終末期を楽しむという選択/別れの準備、別れの覚悟 Complete ~いつだって一緒だったら~

本作は、愛犬(愛猫)の終末期を前向きに捉えていけるように書いたものです。 別れがいつか必ず訪れる。それならばどうやってその時に向き合えばよいのか? そんなことを考えたのは、愛犬ピーチーがまさに「その時」を迎えようとしている時期でした。 思えば…

【見たことある?】知ってた? 犬って笑うんだよ Complete ~笑顔と笑い顔は、違うものなんだよ~

犬は笑うって、知っていましたか? そして、笑顔と笑い顔が違うって、知っていましたか? 良く紹介されているのは、犬の笑顔の方です。 笑顔は笑顔で素敵なんですけどねえ。 折角だから、どんな顔が笑い顔か知って、良く愛犬を観察してみてください。 ほら、…

【免疫抑制剤】ステロイドからの切り替えについて Complete ~なかなか加減が難しい~

本作は、免疫抑制剤を実際に愛犬に使用した体験談です。 免疫抑制薬は体内で過剰に起こっている免疫反応を抑える薬です。よくTVなどでは生体肝移植などのときに登場します。薬名が仰々しいので、担当の獣医師から『免疫抑制剤を使用します』と言われた時には…

ステロイド剤と減薬について Complete ~マイナス面だけが独り歩き。無暗に怖がらなくていい~

自己免疫不全って、ご存知ですか? 免疫不全と混同しがちですね。どちらも免疫機構の障害です。 (免疫不全) 免疫力が極端に落ちて、普通なら罹らないような、色々な病気を発症してしまうこと。 (自己免疫不全) 自分の免疫が、間違って自分を攻撃してしま…

【自己免疫不全】【自己免疫疾患】免疫が自分を攻撃するの? Complete ~それはもう起きていることかも~

自己免疫不全って、ご存知ですか? 免疫不全と混同しがちですね。どちらも免疫機構の障害です。 (免疫不全) 免疫力が極端に落ちて、普通なら罹らないような、色々な病気を発症してしまうこと。 (自己免疫不全) 自分の免疫が、間違って自分を攻撃してしま…

別れは特別なものでなく Complete ~看取りを前向きに考えよう~

本作は、愛犬(愛猫)の闘病を前向きにとらえていくためのコラム集です。 愛犬(愛猫)の闘病は突然に、何の前触れもなく始まる事が多いようです。 動物の本能として、犬猫は体調の悪さを隠そうとするため、本当に具合が悪くなるまで、飼い主もそれと悟る事…

【受動喫煙】【3次喫煙】禁煙のススメ Complete ~飼い主さんどうか気を付けて、犬猫の健康被害~

禁煙のススメ Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖匡躬 人間で受動喫煙が話題になりはじめたのは、もう随分昔の話です。今では常識ですね。 ひょんなことから、飼い主の喫煙による犬への健康被害について調べて見たのですが、いやいや驚いた。思った以上にそ…

視点の変化で闘病は変わる・悩みってなんだろう? Complete ~闘病を前向きに考えよう~

愛犬の闘病は気持ちの持ちようで、楽しく過ごすこともできるし、苦しいだけのものにもなりますね。 犬は飼い主の笑顔が大好きなのだと言います。ご飯や散歩と同じように、大好きなのだそうです。もしも愛犬が病気で、飼い主がふさぎ込んでいたら、その愛犬の…

看取りの時へのプロローグ Complete ~それは最後の闘病でした ~

愛犬ピーチーは何をやるのも一生懸命で、脇目も振らずに突進していきました。 御飯を食べるのも、ボールを追いかけるのもそう。 病気との闘いだってそうでした。 小さい病気、中ぐらいの病気はしょっちゅうで、命懸けの病気も2度ありましたが、その都度乗り…

【猫バンバン】冬は猫たちに厳しい季節 Complete  ~ほんの少しの手間で、救える命があります~

猫は冬の寒さをしのぎ、暖を取るために、車の車体下やタイヤハウス、エンジンルーム入り込むことがあるため、時には死亡事故が発生します。 その猫を逃がすために、エンジンをかける前に、ボンネットを文字通り『バンバン』と叩いて、猫を逃がそうという活動…

【犬猫の人間年齢】犬と猫、人間だったら何歳だろう? Complete ~うちの子の年齢を換算してみよう~

うちの犬って人間なら何歳? 犬の飼い主だったら、誰もが一度は考えてみる事です。 ドックイヤーは7年で、犬は1年で7歳歳をとるといいますが、詳しく老化を調べた結果を見ると、年の取り方は子犬から老犬まで均一ではなく、小型犬と大型犬でも違いがあるよう…

数字が語る犬の闘病・血の涙に至る飼い主の思い Complete ~闘病を前向きに考えよう~

本作は、愛犬(愛猫)の闘病を前向きにとらえていくためのコラム集です。 愛犬(愛猫)の闘病は突然に、何の前触れもなく始まる事が多いようです。 動物の本能として、犬猫は体調の悪さを隠そうとするため、本当に具合が悪くなるまで、飼い主もそれと悟る事…

闘病記の意義、闘病の視点 Complete ~見方を変えれば、闘い方も変わってきます~

闘病記の意義・闘病の新しい視点 Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖 匡躬 闘病記が闘病の役に立つと気付いたのは、愛犬ピーチー2度目の大病(劇症肝炎)を患ったときでした。 死の淵に立つピーチーのために、少しでもと医療情報を集めたいと思うのですが、…

三毛ランジェロの保護日記:コラム編 Complete② ~猫の保護で考えること~

Reviewカテゴリー:コラム作者:三毛ランジェロ 猫の保護活動の中には、野良猫や飼育放棄、多頭飼い崩壊した猫を救うことだけでなく、不幸な猫を増やさないと言う考え方があります。 本コラムは保護活動家三毛ランジェロ氏が、不幸な猫を再生産しないように…

三毛ランジェロの保護日記:コラム編 Complete① ~保護活動は捕獲の後も続くのです~

Reviewカテゴリー:コラム作者:三毛ランジェロ 保護活動と聞くと、ついつい野良猫や多頭崩壊の現場での捕獲(確保)と、譲渡(および譲渡会)のことを考えがちですね。 しかし良く考えてみると、捕獲してすぐに譲渡ができるわけではありません。健康状態は…

犬猫の飼い主が見た、加計学園問題 Complete ② ~産業獣医師と公務員獣医師について知ろう~

5話~9話 ~産業獣医師と公務員獣医師について知ろう~ Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖匡躬 犬猫の飼い主の目線で見た、加計学園問題・まとめ読みの続きです。前回の小動物診療獣医師(街の動物病院)につづいて、加計学園問題の本質である、産業獣医師…

犬猫の飼い主が見た、加計学園問題 Complete ① ~まずは街の動物病院を知ることから~

1話~4話 ~まずは街の動物病院を知ることから~ Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖匡躬 2016年に加計学園問題が表面化した当時、TVのワイドショーでは産業獣医師がクローズアップされて、そこに内包された諸問題を探り始めました。 それを見て筆者がま…

【はじめての猫】【飼育経験なし】ある日突然、猫を拾ったら? 体験談をまとめ読み ~拾ったら、放っておけないものなのです~

Reviewカテゴリー:テーマ・セレクション作者:オムニバス 『猫を拾った』をテーマにした、エッセイのセレクションです。 猫を飼うノウハウ、ハウツーをまとめた記事はネット上に沢山あるのですが、飼育経験の全くなかった方にとっては、そのような記事を読…

311、震災の日に思う事 Complete ~愛犬を連れての避難、考えてみよう~

Reviewカテゴリー:エッセイ、コラム作者:奥村 來未 (末話の1記事のみ 高栖匡躬 )2011年3月11日、午後2時46分東日本大震災発生マグニチュード9.0未曽有の大震災の現場にいた作者。発生直後のこと、避難所での出来事を記した手記です。震災の日に思うこと…

犬と猫の食べ物を語ろう Complete ~食べ物を考えよう。食べ物の記事を考えよう~

Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖匡躬 愛犬愛猫の食事に悩む方は多いと思います。それは、この種の記事やブログがネット上に数えきれないほどあることからも明らかです。しかしそれらの記事は、信用できるものなのでしょうか?【食べムラ】【食欲不振】【…

カテゴリーの一覧です

当サイトの記事は、ご覧のようなカテゴリー構成です。 カテゴリーのクリックで、記事を分類し、まとめて読むことができます。