Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【11月10日版】話題:Withdog創刊2週年、わはにゃを送る日【週刊WD&WC】[2019.11.10]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年11月3日~11月9日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵は涼太さん(飼い主:ryo&nanaままさん)です。
[Topics]
〇11月11日でWithdogは2周年です。
〇老犬アルバムは、間もなく200匹
・ピィ子の育児日記
・うちのサクラちゃん|めとめ①
☆わはにゃを送る日
・チョコラッの闘病記
・老犬アルバムの思い出
 など

 

11月3日(日)

【11月3日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
・ピィ子の育児日記
〇チョコラッの闘病記|まとめ⑮⑯
◎うちの子がうちにくるまで|まとめ⑩
・ねこさん、増えました
・チョコラッの闘病記
◎老犬アルバムの思い出|まとめ④
 など
[表紙]
今回の扉絵はサップさん(飼い主:しゅるんさん)です。

f:id:masami_takasu:20191110081446g:plain

【11月3日版】

www.dogcat.site

ピィ子の育児日記|10

うちにきて10週間
ピィ子には、2つの”初めて”がありました。
1つ目はマイクロチップを入れたこと。
ご心配な方のために、色々書いておきました
もう1つは、うちに来て初めて嘔吐したこと。
子犬にはありがちな事ですが、お初は心配ですよねえ。

www.withdog.site

【再編集】
【看取り】~別れは特別なものでなく(2/4)~

作者は愛犬の最後の闘い(肺がん)に臨む時、積極的な治療はしないと決めた。
犬のがんには抗癌剤の著効例がかなりあり、完治はしないものの延命には効果があるそうだ。
それを選択しようと思わなかったのは、どうしてなのか?

www.withdog.site

【過去記事】
【腎不全|闘病記】~ボスの旅立ち(3/10)~

作者が退院した日、夫と一緒に愛猫の病院へ行った。
先生から改めて愛猫の病状について聞くと、かなり深刻な状態だった。
冷静に聞こうしたが涙が止まらない…
「ボスがいなくなる?」
そう思うと頭がパニックになった…

www.withcat.site

【老犬アルバム】No.188

バーディさんをご紹介。
人助けして怪我をした飼い主さんとリハビリする為にやってきたバーディさん。
お父さんの心まで愛情で満たしてくれた特別な子だったね。
空からお父さんと妹犬のアンジュさんを守ってあげてね。

f:id:masami_takasu:20191110080924g:plain

ピィ子、しまホイで……

● 

11月4日(月)

うちのサクラちゃん|まとめ①

”サクラちゃん”という名前のワンコの、お話をまとめました。
サクラちゃんは沢山いるけれど、みんな違う犬生を生きていますよね。
当り前だけれど、並べてみて実感することです。
物語はサクラちゃんと飼い主さんの数だけある。
どうぞ読んでみてください。
飼い主さんとサクラちゃんの物語。

www.withdog.site

【募集】うちのサクラちゃん

うちのサクラちゃんは、まだまだご参加をお待ちしています。サクラちゃんの思い出を残しませんか?

f:id:masami_takasu:20191110081658g:plain

【募集】うちのハナちゃん

そして、うちのハナちゃんもお待ちしております。 サクラちゃんも、ハナちゃんも、ご応募はDMにて。

f:id:masami_takasu:20191110081730g:plain

【再編集】
【看取り】~別れは特別なものでなく(3/4)〜

愛犬の闘病時の選択は飼い主に委ねられ、飼い主は自分の生き様に照らしてその選択をしていくのだと作者。
大げさに聞こえるが、愛犬の命を左右するものになると重大な覚悟がないと気持ちの上でバランスが取りづらいのだ、と

www.withdog.site

【再編集】
【長毛腫の猫の毛/バリカンで丸刈り】~毎年あるんですがどうでしょう?~

11月に入って気温も低くなってきたが今年の夏も暑かった。
ハナちゃんママの病院では、毎年何頭か夏前に長毛種の猫の丸刈りがあるそうだ。
毛玉を取るのは大変だし…まるで別の子みたい?

www.withcat.site

【すきま時間の獣医学】『猫の特発性巨大結腸症』

『猫の特発性巨大結腸症』についてです。
この病気は猫で発生する原因不明の疾患です。腸の運動が著しく低下することで、便秘になります。
ある研究によると、腸を動かす筋肉が神経からの信号をキャッチできていないため起こるとも言われています。

www.otahuku8.jp

ピィ子、黒くなってきた

● 

11月5日(火)

わはにゃを送る日|1/3

私が迎えた子猫わはにゃは、私にとって特別な存在でした。
『何があっても、この命を必ず守る』
そう誓った私でしたが、ある日わはにゃが体調を崩しました。
くしゃみ、そして咳――
軽い猫風邪かな?
しかし医師から告げられたのは、意外な病名でした。

www.withcat.site

【再編集】
【看取り】~別れは特別なものでなく(4/4)~

全ての飼い主と愛犬が最期を一緒に過ごせるとは限らない。
でもそれは不本意なものではないと思う、と作者。
別れは瞬間ではなく、ある連続した時間で、別れの覚悟、別れの準備、そんな事全てを含めて別れなのだから…

www.withdog.site

【過去記事】
【腎不全|闘病記】~ボスの旅立ち(4/10)~

日々元気を取り戻していく愛猫。しかし主治医からは
『 お母さん、覚悟はしておくんだよ。後はどうやったら、少しでも苦しまないようにできるかだから』
点滴へ行く度、愛猫がどうすれば楽なのか泣きながら先生と考えた

www.withcat.site

ピィ子、ついに恐れていたことが!!!

● 

11月6日(水)

チョコラッの闘病記|91話

血液検査の結果に思うこと――
悪化はしていないし、基準値内にとどまっているのは嬉しいよ。
でも、右肩上がりだった数値が、基準値に入った途端に横這いって何なの?。
病気になる前は、もっともっと数値は良かったよね。
ギリギリって心配だよ。

www.withdog.site

家族になったよ|猫|No.5

今日ご紹介するのは、
マロさんの家族になった、カノンさんです。
うちの子記念日は2019年5月17日
(飼い主さんより)
産まれる前からママの所へ来る運命だったと信じてます😊💕
繋がる想い 輝きの丘で…

f:id:masami_takasu:20191110080739g:plain

【再編集】
【会陰ヘルニア】~前立腺肥大から会陰ヘルニアに発展~

ハナちゃんママによると、うんちが出にくい・便が細い・オシッコがでにくいという症状が高齢未去勢の雄犬にでてきたら注意が必要なのだそう。
前立腺の肥大が起きている可能性が高いからだ。気をつけてあげたい

www.withdog.site

【すきま時間の獣医学】『肥満・体重増加』

今回は『肥満・体重増加』についてです
肥満には食べ過ぎによる単純性肥満と、何らかの内分泌疾患による代謝異常が原因で起こる症候性肥満とがあります
今回はサラッと疾患の羅列に留まっていますが、症候性肥満を疑う際は十分な内分泌検査が必要です

www.otahuku8.jp

ピィ子、今度は しまドラ

● 

11月7日(木)

わはにゃを送る日|2/3

愛猫わはにゃに告げられた病名は、リンパ腫。
そして余命の告知。
『何があっても、この命を必ず守る』
そう誓ったはずだったのに……
はじめは、緩和治療だけを行うつもりでした。
しかし私はセカンドオピニオンの中に、小さな希望を見つけたのです。

www.withcat.site

【再編集】
~犬猫の飼い主さん必見、それは知られざる事実~

もしも外出中逮捕されてしまったら…
しかも一人暮らしで、家には犬や猫を飼っていたとしたら、その犬は、一体どうなってしまうのだろうか?
そんなことを考えてみた記事。
なるほど、すごく考えさせられるよなぁ…

www.withdog.site

【過去記事】
【腎不全|闘病記】~ボスの旅立ち(5/10)~

愛猫がご飯とお水をほぼ取らなくなって一週間。仕事帰りの車の中で作者は夫に意を決して「ボスを看取ってあげよう」と話した。
もっと一緒にいたい、でも苦しめたくない…
作者の心の中はどうしようもないほど揺れていた

www.withcat.site

【老犬アルバム】No.189

ソファに挟まるのが大好きなさくらさんをご紹介
足腰、目や鼻も弱くなってきたけれどご飯もりもりでグル活やお歌の稽古もバッチリ
一生懸命にお水を飲む姿、可愛らしいよなぁ
ご家族に愛されながらこれからものんびりね

f:id:masami_takasu:20191110080650g:plain

ピィ子、あっ、顔が出たあーーー

● 

11月8(金)

老犬アルバムの思い出 ㉓

老犬アルバムを始めてみて驚いたことがあります。
カードの配信日が、老犬さんや飼い主さんの記念日と妙に重なるのです。
お誕生日だったり、うちの子記念日だったり、それから命日だったり。
今回はNo.73のシファさんからの4ワン。

www.withdog.site

【再編集】
【最後のご褒美って何?】~終末期を楽しむと言う選択(1/3)~

愛犬が日に日に弱り、長くはないかもしれないと思った時、飼い主はとても不安になる。
その不安の中身は、漠然とした正体の無いものだったと作者。
別れの瞬間なんて想像もつかないから不安になるの?

www.withdog.site

【過去記事】
【腎不全|闘病記】~ボスの旅立ち(6/10)~

作者と夫はいつも通り仕事に行き、帰宅すると愛猫に元気に話し掛けた。しかし心の中は言葉とは裏腹。今日一日は頑張ってくれたけれど、明日はどうだろうか…でも、不安な顔を泣き顔を見せちゃいけない…とても切なかった

www.withcat.site

【老犬アルバム】募集 まもなく200匹 
50匹記念カードのご紹介

ご参加いただいた老犬さんは、まもなく200匹。
沢山の方々に支えられて、ここまで来ました。
心より感謝致します。
老犬さんの奥深い魅力、飼い主さんの溢れる愛情、届け!
ご応募をお待ちしております!
50匹記念↓

f:id:masami_takasu:20191110080609g:plain

【老犬アルバム】No.190

ジェットさんをご紹介
ご家族に愛されてきた18年間、毎日とても幸せだったもんね
いっぱい走った事や美味しいおやつをもらった事を思い出しながら、大好きなパパやママの傍で今を大切に穏やかな時間を過ごしているんだね

f:id:masami_takasu:20191110080012g:plain

● 

ピィ子、あっ、顔が出たあーーー

● 

11月9日(土)

わはにゃを送る日|3/3

抗がん剤治療によって、リンパ腫はほぼ完全寛解。
健康を取り戻し、元気に走り回るわはにゃ。
しかし、喜びも束の間でした。わはにゃには別の病気の影が忍び寄っていたのです。
悪化していく貧血――
私はわはにゃの身体を撫で、さすり続けました。

www.withcat.site

【再編集】
【看取りなんて、遠い未来の話だった】~終末期を楽しむと言う選択(2/3)~

愛犬が若かった頃”看取り”は現実感の無い無限の未来の事だった。
元気一杯で目の前にいるうちの子がこの世を去っていく瞬間の事など全く想像出来なかった。
でも歳をとって病を得た愛犬は…

www.withdog.site

【老犬アルバム】募集 まもなく200匹
100匹記念カードのご紹介

老犬さんの魅力に気づいてないってとても損していると思うんです。
老犬さんは、こんなに可愛らしくていとおしいんだ、って見せつけてしまおうというのが老犬アルバムです。
ご応募をお待ちしております。
100匹記念↓

f:id:masami_takasu:20191110080214g:plain

[追悼]ジェットさん

老犬アルバムNo.190のジェットさんがお空に旅立ちました。
自慢の速い脚で、颯爽と駆け抜けていったのかな。
ジェットさんの最期の時間に、パパとママのように寄り添えたこと、とても誇らしく思うよ。
ジェットの名の如くかっこよく駆け抜けた君を忘れない。
ジェットさん、どうか安らかに。

f:id:masami_takasu:20191110080012g:plain

【オタ福の語り部屋】『多発性骨髄腫』

『多発性骨髄腫』の概要と病因についてです。
多発性骨髄腫は形質細胞という血液の腫瘍です。
この腫瘍は免疫グロブリンという抗体をいっぱい出すことで、血液がネバネバになってしまいます。
腫瘍+血液ネバネバのダブル攻撃で、身体を蝕んでいきます。

www.otahuku8.jp

ピィ子、最近寒いよね

● 

Withdog、Withcat より 

【11月10日版】先週は23記事と、5枚の老犬・老猫カード、1枚の家族になったよカードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

老犬、老猫アルバム

 家族になったよ

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか