Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

リンちゃんの起こした奇跡:樫村慧・セルフコメンタリー Complete ~突然鳴ったインターフォン~

リンちゃんの起こした奇跡 樫村慧セルフコメンタリー
f:id:masami_takasu:20180930141923g:plain

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:樫村 慧

愛犬ラフを迎えてから、いつも川沿いの道を散歩していた。
そんな時、当時まだ小さく貧弱だったラフと同じくらいの大きさのボクサーみたいなお顔の女の子と知り合った。

飼い主のお母さんは、とても人懐こい笑顔で、その女の子を飼うことになるまでの話をしてくれた。そしてその話は、私の胸の奥にずっとずっと印象深く残っていた。

【目次】

第1話|突然のインターフォン

今日配信の記事は、お読みいただけましたか?
私は、土佐犬の女の子と暮らすフォロワーさんの素敵なツイートを見る度に、
いつもほっこりしてリンちゃんを思い出しました。
本記事は、リンちゃんの歩んだ犬生を、沢山の方に知って欲しくて書いたものです。

第2話|いつも川の字の真ん中にいたんだよ

今日2回目の配信です。
愛犬ラフのお友達リンちゃんは、川に捨てられていた子でした。
どうしても、リンちゃんの生きた証を残したいと思って書いたエッセイです。
どうか読んでください。
お空のリンちゃんとラフも、喜んでくれてるかな?

第3話|りんちゃん、またね!

愛犬ラフの犬友リンちゃんに会いたくて昨年エッセイを書いた。
そして今年の夏奇跡が起きた。

お空のリンちゃんとラフが私にもたらしたこの奇跡の話を沢山の方に届けたい。
犬と暮らす苦労や困難、
それを上回るとびきりの幸せ。

このお話が始まりでした|白いソックスを履いたりんちゃん

愛犬ラフがうちに来た頃のこと。
このエッセイのリンちゃんも心優しい飼い主さんのお家の子になった。

ラフが居なくなってから私はリンちゃんに会いたくて、このエッセイを書いた。
そしてこのエッセイが今年の夏奇跡を起こしてくれたんだよなぁ。

● 

あとがき

愛犬ラフが腎不全とわかって闘病していた頃、私はリンちゃんに会いたいなぁと、ずっと思っていた。なぜだかわからない。ラフが元気だったころの記憶と、リンちゃんの姿が重なるからだろうか?

そしてラフが亡くなってから、私には時々、無性に歩きたくなる日があった。きっとそれも、散歩が大好きだったラフの思い出がそうさせたのだろう。そんな日には、私はラフとの思い出の散歩道に、夕方暗くなってから出かけるようにしていた。そしてその時には必ず、涙を拭くためのタオルを持った。

1人で歩いていると、私は必ずリンちゃんを思い出し、散歩中のリンちゃんに偶然出会えたりしないものだろうかと考えていた。

犬猫のサイトに携わってから、ラフ以外の犬のお話を書いてくれないかとの依頼に、真っ先に思いついたのはリンちゃんのことだった。その時には、自分の書いたエッセイがきっかけで、リンちゃんの飼い主さんご夫妻にお会い出来ることになろうとは、思いもしなかった。

あの日、職場の先輩にサイトの話をしなかったら――
この奇跡に辿り着くことはなかっただろう。

心優しいご家族が、どんな想いでリンちゃんと暮らしていたのか、そのお話を書けたことは、ライターとして、犬好きとして、そしてリンちゃんの一番の犬友ラフの飼い主として、こんな光栄なことはない。
全ては、リンちゃんのご家族、職場の先輩、天国で走り回っているであろうリンちゃんとラフのおかげ。

どうか、このエッセイが、1人でも多くの方に届きますように。

-――樫村 慧――

作:樫村 慧
解説:樫村 慧

――同じ作者の まとめ読みです――

――同じ作者の記事です――

――おすすめの まとめ読みです――

 

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain