Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

虹の橋の猫 (第2章:歌うたいの猫) Complete ~別れって何? 永遠って何?~

f:id:masami_takasu:20180221123311g:plain

Review
カテゴリー:童話
作者:水玉猫
『虹の橋の猫』の第2章は、2017年12月20日に連載が始まりました。
第1章で、虹の橋の街に着いた雉白の猫の、その後を描いた作品です。
雉白の猫とおかあさんとの絆と同じように、虹の橋の街に住む全ての猫たちが、誰かと繋がっているのかもしれません。
第2章は 歌うたいの猫
歌うたいの猫となった雉白の猫と、新しく虹の橋の街にやってきた3匹の猫たちとのふれあいのお話です。
猫たちに救いはあるのでしょうか?

『虹の橋の猫』告知
後半(第2章)が始まりました。
この物語を読むたびに、天国にいったうちの子を思い出します。
もうここにはいないけれど、ずっとあの子は一緒なのだと思える話。
別れって、永遠と言い換えることができるんじゃないかな?

『虹の橋の猫』第8話
今日から、後半の第8話です。
『虹の橋の猫』は、旅だった猫とおかあさんのお話。
悲しい話ではなく、愛情と絆と永遠の物語です。
ペットとの別れを経験した方に、ぜひ読んでいただきたいです。
別れって何だろう?

『虹の橋の猫』第9話
猫がお母さんとうたう歌が、とても気になる。
どんなふうに、お母さんと歌うんだろう?
お母さんの歌に合わせて、ミャーミャーと鳴くのだろうか?
想像すると、楽しくなってくる。
そういえば、うちの子(犬)も時々歌ったな。
クーン、クーンと歌った。

『虹の橋の猫』第10話
虹の橋の船着き場には、また新しい猫たちがやってきます。
新しい猫がここに来るのは、地上に別れを告げたということ。
悲しいことなのに、視点を変えると初々しい思いに溢れています。
私が天国にいったら、うちの子が、色々教えてくれるのだろうか?

『虹の橋の猫』第11話
虹の橋の街に、雨が降る。虹の橋を架けるために。
――うちの子には別れ際、「虹の橋で、待ってなくていいぞ」と言ってやった。
先に天国にいって、楽しくやっていればいいと思ったからだ。
待っていないとは思うのだが、こんな話ならば待っていてもいいな。

『虹の橋の猫』第12
虹の橋にきた猫たちは、地上が恋しくて泣きはじめます。
しかし、やがてそこには、心に掛かる虹の橋が――
飼い主を置いていってしまった子たちは、こちらを恋しがるのかなあ?
恋しがって欲しい気もするけれど――、もう楽しくやってくれよとも思う。

『虹の橋の猫』第13話
虹の橋には、たった一つのものしか、持ってこれません。
船の乗り場で猫たちは、沢山の大切なものを置いて船にのります。
みんな置いて来たとはずの雉白の猫は、やさしいお母さんの”声”を持ってきていました。
他の猫たちは、何を持ってきたのでしょうか?

『虹の橋の猫』第14話
虹の橋に来た猫たち。
何も持って来ていないと思っていたのに――、実はとても大切なものを持って来ていました。
それは一体何?

猫たちが持っていったものは、実は猫たちが、飼い主に残していったものでもありますね。
とても大切なもの――、それは何?

『虹の橋の猫』第15話
黒い仔猫と白い仔猫は、とても大切なものを持って来てたことに気付きました。2匹の鈴からは、懐かしい声が聞こえてきます。
しかし――、灰色の仔猫はそうではないようです。
泣き続ける灰色の仔猫。
地上では一体、何があったのでしょうか?

『虹の橋の猫』第16話
泣き疲れて眠る、灰色の仔猫――
地上で悲しい思いをした猫に、救いはあるのでしょうか?
死は全ての生き物に、平等に訪れます。
それは、すべてを奪うもの?
それとも、すべてを癒すもの?
死は終わりではなくて、始まりなんだと思いたいですね。

『虹の橋の猫』第17話
灰色の仔猫の上にも、美しい虹が架かりました。
そして猫たちは、いつの間にか自分が、重荷から解放されていることに気が付きます。
私たちは旅だった子たちと、しっかりと心で繋がっている。
別れは、猫たちと同じように、重荷を下すときでもありますね。

『虹の橋の猫』エピローグ
いよいよ本話で最終回です。
雉白の猫が虹の橋に行く途中。大切にしていた、おかあさんのお思い出のおもちゃをあげた仔猫。あの仔猫はどうしているの?

――どうでしたか? 愛と絆の物語。
それはきっと――、永遠の物語。

『虹の橋の猫』あとがき
昨年末まで連載しました『虹の橋の猫』
お読みいただけましたか?
作者の水玉猫さんが、物語のあとがきを寄せてくださいました。
水玉猫さんとは、また別の物語も企画しております。
また新しい、そして優しいお話の中で、お目にかかれますように。

連載後の回想

虹の橋の猫|回想 その1
第1話 旅の始まりと、虹の橋への切符
ここから連載が始まりました。
猫の旅立ちの物語です。
猫の旅の始まりは、生まれたばかりのこのサイト、 Withcat の始まりでもありました。

虹の橋の猫|回想 その2
第8話 鐘を失くした時計塔
第2章のはじまりです。
歌うたいの猫と仔猫たちのふれあいが描かれます。

虹の橋の猫|回想 その3
エピローグ 
本日の配信で、『虹の橋の猫』は最終回
ずっと読んでいただいて、ありがとうございます。
この作品のテーマは、愛と絆と永遠です。

――虹の橋の猫(第2章:歌うたいの猫)Complete・おわり――

作:水玉猫
解説:高栖匡躬 

――第1章はこちらです――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171217200804g:plain

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ