Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【看取り】【腎不全】ボスの旅立ち Complete ① ~ボスへの手紙~

ボスの旅立ち 1話~6話
f:id:masami_takasu:20180911204057g:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:ボスのかあちゃん

~ボスへの手紙~
ボス…君はほんと、お利口さんでした。
かあちゃんの元に来てくれて、丁度21年と半年。
とうとう辛いこの時が来てしまった。

君の呼吸が止まるまで一緒に呼吸をしたね。
逝くとき、『逝くな‼』なんてワガママ言ってごめん。
誰も好き好んで先に逝くわけじゃないのに。

でもね、もっともっと一緒にいたかったぁ……

――手記冒頭より――

ボスの旅だち|1/10

「私のボスは、逝ってしまいました」
21年と半年、ずっと一緒にいた愛猫の旅立ち。
それからかあちゃんは、泣いてばかりの日々でした。

そして半年――
かあちゃんは思います。
ボスが、生きた事を――
ボスが、最後まで生きる事を諦めなかった事を――
書き残しておきたいと――

ボスの旅だち|2/10

愛猫ボスを置いて入院した、かあちゃん。
ご主人からボスの様子を聞きますが、心配で心配で――

「ボス、ボス、ボス!」
「待っててね、かあちゃんすぐ帰るからね」

――そしてかあちゃんは、強行退院。
家ではボスが、かあちゃんを待ち詫びていました。
ボスの行動は?

ボスの旅だち|3/10

かあちゃんは病院で、ボスの病状を知ります。

「ボスがいなくなる?」
涙が止まらない、かあちゃん。
でもボスはそこから、復活していきます。

どうしてだろう?
動物は不思議――
飼い主の心に応えようと一生懸命で。

闘病は見えない絆が、はっきり感じられる時ですね。

ボスの旅だち|4/10

なるべく普通の生活を――
そう心がけるかあちゃん。

『食事を摂らなくなったら2週間だよ』
というのが、主治医の言葉でした。

だからかあちゃんは、「何か、食べたいものある?」と毎日ボスに語りかける。

泣き虫のかあちゃんだけど、
ボスの前では泣かないようにしていたんだよ。

ボスの旅だち|5/10

「ボスを看取ってあげよう」
そう決めた、かあちゃんは、ボスが嫌がる薬をやめました。

もっと一緒にいたい――
揺れる心の中での決心でした。

看取る決意は諦めでは無く、強い意志の先にあるもの。
ボス――
かあちゃんはボスのためなら、強くなれたんだよ。

ボスの旅だち|6/10

ボスに元気に話し掛け、普段通りに接するかあちゃん。
不安な顔や泣き顔を見せないように、懸命です。

看取りの時をいつも通りに過ごすには、強い意志が必要ですね。
飼い主は愛猫の病気と闘うだけなく、自分の弱い心とも闘っているのかもしれません。

ボスの旅立ち ~連載開始のご紹介~

ある日、うちの子が重い病気になった。手探りの闘病が始まった。
調子は良かったり、悪かったり。悩みながらの介護の毎日だった。

だが、やがて――
別れの時がやって来た。

気が付くと、介護はかけがえのない思い出になっていた。
あれは――
お前と一緒に、闘った日々だったんだ。

泣き虫のかあちゃんが綴った、ボスの闘病記。
そして看取りの記録です。

――高栖匡躬 ――

――次回に続きます――

作:ボスのかあちゃん
コメント:高栖匡躬 

――ボスの旅立ち Complete ②――

――おすすめの まとめ読みです――

 

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。