Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【看取り】【安楽死】【ペットロス】ゆうすけとの出会いと別れ Complete ~ゆうすけの物語~

ゆうすけの物語
f:id:masami_takasu:20181011195952j:plain

Review
カテゴリー:エッセイ、闘病記
作者:ゆうすけパパ

出張先で出会ったのは、血統書付きで捨てられていた1匹のコーギーでした。
この物語は、ゆうすけと名付けられたそのコーギーと、ゆうすけを保護し引き取ることにした飼い主の物語。

出会いがあり、楽しい時を過ごし、やがて愛犬は精巣腫瘍を発症。
闘病と介護を経て、看取りの時を迎えます。

本作は犬の一生を通して、飼い主と愛犬の絆を描いたエッセイ集です。

 ゆうすけとの出会い

f:id:masami_takasu:20181011201329j:plain

ゆうすけがうちの子になったのは

出張先で、偶然目にした人だかり。
その中心には、血統書付きで捨てられた可愛いコーギーがいました。
休憩時間に気になって会いに行くと、その子はもう保健所に。
「飼い主探します!」
思わず口から出てしまった一言。
それが、ゆうすけと暮らすことになる切っ掛けでした。
犬は人を信じている。だから、人が裏切っちゃダメだよね。

 

 ゆうすけの闘病、介護、看取り

f:id:masami_takasu:20181011201546j:plain

精巣腫瘍 闘病記(1/3)

僅かな異変に気付いてから、1か月半で旅立ってしまったゆうすけ。
犬の病気はドッグイヤーで進行する。
一生懸命に生きてくれたから、大きな後悔は無いよ。
でも――
ちょっとだけ、心残りはあるんだ。
残された時間を共に生きた、犬と飼い主の記録です。

精巣腫瘍 闘病記(2/3)

残された時間を、楽しく過ごそうとする飼い主。
楽しくする事にも、
努力や決意が必要なんです。介護って。
そして――
最後の散歩、最後の食事と、最後の~が増えて行く。
切ないけど、それを受け止めるのが飼い主。
それでも楽しんでやるのが飼い主。

精巣腫瘍 闘病記(3/3)

食いしん坊だったあの子に、最後に何か食べさせてあげたい。
――しかし、「その時」はやってきます。
ゆっくりと飼い主のもとに歩き、その腕の中で眠りにつく。
別れは切ないのだけれど、見えなかった絆が、はっきりとそこにあると感じられる時。

 

 別れの後で想うこと

f:id:masami_takasu:20181011204440j:plain

君がいなくなってから

愛犬ゆうすけとの別れから5か月。
慰霊祭の日、遺骨を納骨堂に納めるかどうか迷う飼い主。
しかし――、そこで不思議な事が起きます。

愛犬に思いを馳せる飼い主。
色んなことがありました。
楽しい思い出ばかり。

そう、愛犬はいつまでも一緒なんだよ。

 

 わたしが考える安楽死

f:id:masami_takasu:20181011204626j:plain

看取りのときに考えたこと

意見が別れるテーマですが、
ゆうすけパパは、否定すべきでないという考え。
私もそうです。
認めることで、看取る心にゆとりがきて、最後まで愛犬らしく、飼主らしくあることを支えてくれます。
実行するしないは後の話。
皆さんはどう思いますか?

f:id:masami_takasu:20181011205132g:plain

作:ゆうすけパパ
コメント:高栖匡躬 

――おすすめの記事です――

 

――おすすめの まとめ読みです――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain