Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【リンパ腫】「その日」がくるまで生きようず! Complete ② ~抗がん剤治療-1クール目(前半)~

「その日」がくるまで生きようず! 5話~11話
f:id:masami_takasu:20180121085443j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:miyakonokaori

本作は、脚本家・波多野都さんの愛猫ソーニャの、リンパ腫闘病記。
抗がん剤治療の第1クール目(全13話+α)の、前半です。

愛猫の闘病は誰もが未経験で、手探りの状態から始まります。
投薬のこと、薬の副作用のこと、食事のこと――
不安な毎日――
分からないことだらけで、驚きの連続――

闘病を経験した方は、病気は違っていても、辿る道は同じなのだと思うことでしょう。愛猫のために頑張らなきゃと、自分を励ます気持ちも、思うようにいかなくて凹む気持ちもそうですね。

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(1/13)第5話

病気は、検査の結果がでて、はじめて病名が確定します。
――多中心型リンパ腫。
それは、闘病のはじまり。
抗癌剤治療1クール目のはじまりです。
闘病のはじまりは、劇的な幕開けでなく、どこか淡々としています。
わが家もそうでした。
あれは――、決意だったのか?

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(2/13)第6話

抗がん剤投与の開始。
そして、その克明な記録の開始。
「17、8年ぐらいは生きてくれるんだろうと思い込んでいた」
作者の言葉に大きく頷く。
わが家では――
いつも元気一杯だったうちの子は、20歳まで生きると思っていた。
病気は突然だな……
頑張ろうず!

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(3/13)第7話

 ――皮下への輸液で、背中にコブが。
わが家もこれは、経験しました。
闘病は新しい事が、次々に起きますからね。

――抗がん剤の副作用で顔が丸くなって。
こっちは病気が違うので、経験しませんでしたねえ。
いちいち落ち込んでなんていられない。
先は長いし、頑張ろうず!

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(4/13)第8話

闘病記で必ず話題に上るのが、”投薬タイム”
こんな小さい口にどうやって薬を入れるんだーーー!!!
「食べる=まずい」となって食べてくれなくなったら困るし。

飼い主の悩みはつきません。
投薬はみんなの悩みだね、頑張ろうず!

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(5/13)第9話

はじめての抗がん剤に心配な日々。
「抗がん剤」「抗がん剤 猫」「抗がん剤 猫 副作用」
と、検索の言葉を増やして情報収集。
これ、うちもそうでした。
結局、闘病記が一番役立んだと気付き、
病気名+犬(猫)+闘病記で検索するように――

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(6/13)第10話

注射が嫌で、暴れる猫さん。
写真でも、毛が逆立っているのがよく分かります。
嫌なんだね~

抗癌剤治療――
深刻な状況を、作者は淡々と(冷静に)観察します。
新しい経験は、深刻に捉えてばかりでは身が持たないよね。
頑張ろうず!

「その日」がくるまで生きようず!
第1クール(7/13)第11話

今日はご飯を食べさせる苦労の話。
闘病中のごはんは大変ですね。
健康な時と違い、食欲は落ちる。
しかし、バイタルを維持しないと闘病に耐えられない。

食べてくれー、猫さんよー

分かる分かる。うちも闘病のとき、そうだったよー
頑張ろうず!

● 

波多野都さんのTwitterより
うちのかわいい先代猫。初めての入院から帰ってきた先代猫を見た時、むくんでいたのかなんなのか顔がまんまるで「なんかまるくない!?」と笑ったら、プンスカ怒られたのはいい思い出。「かわいいねえ」を200回ぐらい言ってようやく機嫌を直してくれたな。猫は言葉わかるよ、絶対。

作:miyakonokaori(波多野都)
コメント:高栖匡躬 

――抗がん剤治療-1クール目・後半のまとめよみ――

――闘病のはじまり・まとめよみ――

――おすすめの まとめ読みです――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171217200804g:plain

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ