Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【犬版】うちの子がうちにくるまで Complete② ~覚えていますか? あの時のこと~

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No8~11)
f:id:masami_takasu:20180627164710g:plain

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:オムニバス

 犬や猫を飼うとき、必ず思う事がありますね。
「うちで飼えるかな?」
「きちんと世話が出来るかな?」
「最期まで面倒をみてあげられるかな?」
「別れは寂しいだろうな?」

『うちの子がうちにくるまで』はそんな初々しい時を、飼い主自身が振り返り、自分の言葉で綴ったエッセイです。

もう一度思い出してみませんか? あの頃のこと。
愛犬や愛猫が、もっと可愛くなるはずです。

まとめ読みの2作目です。

~うちの子がうちにくるまで No.8-1~

犬の名前:旅人(たびと)
犬種:ミックス
飼主:asuka

f:id:masami_takasu:20171119141522j:plain

片目を失った犬を、保険所から引き取ることにした夫婦。
犬との出会いはいろいろとあって、迎える時の葛藤も様々ですね。
犬にハンデがある場合は、特にその葛藤は大きいはず。
普通ならば――
それをものともしない、優しい心を持った飼い主と、犬とのお話です。

~うちの子がうちにくるまで No.8-2~

犬の名前:旅人(たびと)
犬種:ミックス
飼主:asuka

f:id:masami_takasu:20171119142631j:plain

夫婦はその犬を、旅人(たびと)と名付けた。
もう旅をしなくて良いと、思いを込めて。

犬というのは逞しい生き物だ。体がどこかおかしくても、ちゃんと適応して生きてくれる。

楽しそうな笑顔だ。屈託のない笑顔だ。
飼い主と共に、生を楽しむ、溢れ出すような笑顔だ。

 ~うちの子がうちにくるまで No.9~

犬の名前:バーディ
犬種:グレート・ピレニーズ
飼主:角田鶴瓶

f:id:masami_takasu:20171101112012j:plain

人命救助のために、大きな怪我を負った男性。
その男性が、リハビリのお供に犬を迎えることに決めます。

新米飼い主として、大型犬を飼う事になった思い出話。
バーディーと名付けられたその犬は、飼い主を気遣います。
犬との出会いは、運命だなあと感じるエッセイです。

きっと、皆さんが運命の子と暮らしている。

※『アンジュがうちの子になったのは』の姉妹記事です。

~うちの子がうちにくるまで No.10~

犬の名前:マロン
犬種:黒柴
飼主:黒柴マロン

f:id:masami_takasu:20171101112630j:plain

初めはウサギが欲しかった。そんな娘さんとの約束事。
そしていつの間にか、その約束は犬に――
飼う前は渋々だったお父さんは、どうなってしまったでしょうか?

犬を飼う時の話は似ているようで、1つ1つ全然違いますね。
短い時間の中に、家族の大切な話が一杯詰まっている。

 

~うちの子がうちにくるまで No.11~

犬の名前:てんてん
犬種:ミニチュア・ダックスフント
飼主:てんルナお母さん

f:id:masami_takasu:20171101113200j:plain

家族の反対を押し切って、犬を飼った方は多いと思います。
反対する理由は様々でしょうが、”反対”というのは実は、犬への”強い思い”の裏返しでもあったりします。

その証拠に、ハードルを越えた先では、反対していた家族が、誰よりもその子が好きになることがあるんですね。てんルナお母さんのお宅のように。

良く聞く話?
そうそう、だけど聞くたびに、ニヤッとと笑う良い話。

――うちの子がうちにくるまで・次のまとめ読み――

――うちの子がうちにくるまで・前のまとめ読み――

――猫版、うちの子がうちにくるまで――

――うちの子がうちにくるまでとは?――

――おすすめの まとめ読みです――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171217200804g:plain

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ