Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【4月7日版】特集:ペットとの別れ、うちに来て良かった?[2019.4.7]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年3月31日~4月6日

f:id:masami_takasu:20190324122929g:plain

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵はチョビさん(飼い主:ゆきねーさん)です。
[Topics]
(特集)チョコラッの闘病記|まとめ
◎ピーチーとの別れ
・新元号、発表
◎その日がくるまで生きようず|天使の章後半
・困っています/食欲不振と拒食
◎ネット検索|ドッグフードの記事に激変
☆うちに来て幸せだった?
 など

【目次】

3月31日(日)

【3月31日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
(特集)ピーチーまたね
(本章最終回)私の空、マナ
(本章最終回)チョコラッの闘病記
◎インスタ版、老犬アルバムのお知らせ
・別れの記録を残す理由
 など
[表紙]
今回の扉絵は雷(ライ)さん(飼い主:雷のお家さん)です。

週刊_扉_2019_3_31

【3月31日版】

ピーチーとの別れ|2/3

3年前の今日、ピーチーを荼毘にふしました。
色々持たせてやろうと思ったのですが、斎場の決まりでそれは無理。
結局ピーチーは、おやつを少しだけ持っていきました。
それもまた良し。
「すぐに全部食べそうだな」
ピーチーらしい去り方でした。

【桜が満開!】3年の今頃は

3年前の今日はまだ肌寒くて、我が家周辺の桜は開花していませんでした。
でも拾ってきた桜の枝は、部屋で満開。
ピーチーはその桜と共に去っていきました。
今年はもう桜が満開。
そして平成も今日でおしまいですねえ。
3枚目は、ピーチーがうちに来た時の段ボールと旅立ちの時です。

【老犬アルバム】No.120

17歳のリッキーさんをご紹介。
よいしょよいしょって歩く姿には、いつも元気をもらえるよ。
強い春の風にも負けずに、しっかりと踏みしめながら歩いていて、胸が熱くなるね。
冬を乗り越えた力でこのまま過ごしていこう

リッキー

4月1日(月)

ピーチーとの別れ|3/3

―看取りの記録の最終回―
別れの3日目。ここにきて、心境の変化が――
看取りの当日は「やりきった」という充実感がありました。
しかし、段々と寂しさが大きくなりました。
癲癇を発症し、闘病記を書き始めたのが前年の5月。
1年もたたずに、別の病気で別れ

新元号でツイート【直前予測】4択

新元号でツイート【速報】新元号は『令和』

新元号でツイート【祝|新元号】新元号は『令和』

【予告】その日がくるまで生きようず! 天使の章

明日から後半の4話を配信します。
ここまでは、日付をそのままで辿ってきましたが、後半は早回しです。
さて、ペットを失ってからの、飼い主の心の内は?

f:id:masami_takasu:20190407050611g:plain

これまでの天使の章

4月2日(火)

チョコラッの闘病記|まとめ読み⑩

愛犬チョコラッは1年生存率5割の難病。
当初はそう長くないかもと思った命は、1年の壁を超えました。
しかし寛解したわけでなく、安心はできません。
血液検査のたびに、安堵したり不安を感じたり――
そんな日々が繰り返されます。

【記事更新のご案内】空、マナ

『私の空、マナ』の第9話に、写真を追加しました。
作者のあおい空さんご提供の、お風呂(銭湯)の写真です。
キヨちゃんとの出会いは、こんな銭湯でした。

記事はこちら

その日がくるまで生きようず!115話

本話から時間は早回しです。
ソーニャが去って早1か月。この日も青空。
後悔は無いと語る作者からの一言です。
ひとつだけ言えることは、どんなペットにも、必ず「その日」はきます。
そのことから、決して目をそらさないでほしいと思います。
いかに今を幸せに過ごすか

4月3日(水)

チョコラッの闘病記|まとめ読み⑪

貧血が随分と進んだチョコラッ。
しかし1年前に比べると、なぜか症状が軽い。
本当ならば、呼吸困難に陥っていてもおかしくないのに――
どうやら体は、貧血に慣れてしまうものらしい。
だが、免疫を抑制しているために、思わぬ感染症も――

【バックナンバー】
【2018年4月1日版】上巻:週刊Withdog&Withcat

―1年前の今頃は―
[Topics]
(特集)うちの子が旅立つまでのこと(ピーチーまたね)
・太陽の匂いと通い猫
◎ALEXがうちに来るまで
・ハナちゃんの動物病院(猫)
 など
[表紙]
今回の扉絵は、ジョンさん(飼い主:ジョンママさん)です。

ジョン

【2018年4月1日版】上巻

4月4日(木)

チョコラッの闘病記|まとめ読み⑫

貧血は進んでいるのに、ごはんは良く食べるチョコラッ。
やはり体は貧血に慣れるものらしい。
それは良いのだけれど、主治医からは別の現実を突きつけられる。
骨髄癆(こつずいろう)の恐れがあるらしい。
免疫系疾患は、心配が尽きない。

【バックナンバー】
【2018年4月1日版】下巻:週刊Withdog&Withcat

―1年前の今頃は―
[Topics]
(特集)うちの子が旅立つまでのこと(ピーチーまたね)
(特集)うちの子が旅立ってからのこと(ピーチーまたね)
・みみ子さんがうちに来るまで
・ハナちゃんの動物病院(猫)
・その日がくるまで生きようず! 第2クール予告
 など
[表紙]
今回の扉絵は、空(くう)さん(飼い主:ユイさん)です。

【2018年4月1日版】下巻

【HELP:困ってます】① 食欲不振/拒食

*読者の飼い主さんがお困りです。
(現状)
■ 極端な拒食
■ 信頼できる医師に確認。内臓疾患はありません。
■ フードは自分からは一切口にせず(3日以上)
■ 精神的なものと予想(医師の診立て)
■ 保護犬で、元の飼育が影響かも
■ 原因究明より、今の対策が急務
>続

【HELP:困っています】② 食欲不振/拒食

(状況)
■ 軽微な刺激で癲癇様発作が起きる個体で、デリケート。
(相談)
■ ストレスのない給餌方法があれば何でも知りたいです。
■ 苦痛の少ない、強制給餌法を知りたいです。
(特記)
■ 今の状況を脱しないと、生命の危険があります。
>続

【HELP:困っています】③ 食欲不振/拒食

(Withdogより)
■ この種の質問には、飼い主さんを非難するような、上から目線のご意見がつきものですが、それはどうぞご遠慮ください。
■ 起きたことへの対処が大前提です。
■ 犬の命を救うことと同時に、飼い主さんの心を救うという観点からのご意見をお待ちします。

【老犬アルバム】No.121

15歳のモカさんをご紹介。
病気になんか負けずに楽しく過ごしてるよ。
優しいママはお庭に来る外猫さんにご飯をあげてるんだって。
大好きなママとのお散歩で、満開の桜見れたかな。
これからものんびりやって行こうね。

モカさん

4月5(金)

その日がくるまで生きようず!116話

ソーニャ四十九日の法要。
ペットロスは続いていて、まだ涙は出ます。
でも、いい加減にしっかりしないとね。
こうやって少しずつ、気持ちに区切りがついていく――
思い出して言葉にしていこう。心のリハビリだから。
今日もお天気です。

チョコラッの闘病記|まとめ読み⑬

カビ感染、下痢、嘔吐、腹水と、次々に起きる変調――
粘り強く対応するしかない。
難病には参考になる道標がないから。
主治医も色々な文献を勉強してくれる。
だけど、アトピカの断薬は驚いた。
だって、少し前まで一番効いていた薬だから。

ドッグフードの記事に変動 - 1 【アレ、消えた】

お気づきでしょうか?
最近、Googleの検索結果が大激変。
実は、ドッグフードの検索に疑問を持っていて、問題提起記事を用意していました。
ドッグフード選びの記事が、どれもこれも特定の(敢えて触れません)を推奨。
しかも、聞いたことがない。
で、記事を書をだそうとしたら、そんな記事がほとんど消えていました。
あれって、何だったのでしょう?

ドッグフードの記事に変動 - 2 【アレ、消えた】

ちょっと前まで、『ドッグフード おすすめ』で検索すると、似たような記事が満載でした。
どれも特定の3つくらいのフードを大絶賛。
怪しいと思っていたら、それが一掃された感じです。
今も残っていますが、激減です。
そんなフード、聞いたことないよって思ってたんです。

ドッグフードの記事に変動 - 3 【アレ、消えた】

あの種のフードの記事って、妙に連動していて、
他の犬サイトでもお勧めって書いてあって、
そこを見に行くと、他のサイトにリンクがあって、追いかけると元に戻るんですよね。
結局、出典元が無くてループしていて。
沢山消えたので、検索結果の見晴らしがよくなりました。

ドッグフードの記事に変動 - 4 【アレ、消えた】

サイト自体は良くできていて、”怪しいなあ”と思ってみないと、うっかり買いますよね。
筆者もピーチーの介護のときに検索して、買いそうになりました。
幸い、ブロ友さんに止められましたけれど。
終末期の子のフードを探しているのに、ひどい事をするなあと思ったものです。

ドッグフードの記事に変動 - 5 【アレ、消えた】

今回はGoogleの施策で、怪しい誘導記事が一掃されたようです。
でも一部はまだ残っている。
そして副作用で、僅かにあった良い記事まで消えてしまった。
このままでは困るけれど、とはいえ前のような怪しい記事テンコ盛りも困る。
どうか良いところに落ち着いてほしいです。

● 

4月6日(土)

うちに来て幸せだった? 【龍馬の話】

私は愛犬にとって、良い飼い主ではなかったかもしれない。
沢山寂しい思いをさせてしまったから。
――迎えた保護犬と、苦しい時代を二人三脚で生きてきた作者。
今思うのは「うちで本当に良かったのかな?」ということ。
きっと、その答えは心の中に――

【オタ福の語り部屋】 『犬のリンパ腫の症状について』

『犬のリンパ腫の症状について』解説しました。 発生部位ごとにどのような症状をしますかを分けて解説しています 箇条書きで書いていることろが多いので、読みたいとこだけザッと 読めるような構成にしました。 ぜひ読んでみて下さい^-^

Withdog、Withcat より 

【4月7日版】先週は15記事と、2枚の老犬・老猫カードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

 最近のまとめ読みです

 老犬、老猫アルバム

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか