Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【6月23日版】特集:うちのこがうちにくるまで、顔面神経麻痺闘病記【週刊WD&WC】[2019.6.23]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年6月16日~6月22日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵はくろさん(飼い主:くろい蜜柑さん)です。
[Topics]
・三毛ランジェロの保護日記|エッセイ①
・ハリー君、誕生日のカウントダウン
☆はながうちにくるまで
・老犬アルバムの思い出⑧
・チョコラッの闘病記
・ちぃの闘病記|まとめ
〇オタ福診療所|肺がん
◎れんの闘病記
 など

 

6月16日(日)

【6月16日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
【完結】凶暴な犬、心
・老犬アルバムの思い出
・猫宅のお話
・こちらオタ福診療所|脱毛
・原因不明のペットの脱毛|まとめ
【新章】チョコラッの闘病記
 など
[表紙]
今回の扉絵はキムチさん(飼い主:鬼嫁.comさん)です。

f:id:masami_takasu:20190623090532g:plain

【6月16日版】

【再編集】
三毛ランジェロの保護日記:エッセイ編まとめ読み①

保護活動家、三毛ランジェロ氏のエッセイ集です。
まずは、自身が引き取った『夕(ゆう)』の話。
余命宣告を受けながら、楽しく過ごした日々、そして別れ――
Withcatのオープニング記事でした。
その他2話、計5記事です。

【再編集】
【ハンデのある子】~旅人がうちにくるまで・後編~

「今日たまたま平日休みやったけん来れたけど、もう来れんよ。どうせ1匹増えてもなんも変わらんたい」
保健所からの帰り夫からの言葉が作者の背中を押した。
ぶっきらぼうであったかい夫婦が運命の糸を引き寄せた。

【過去記事】
【糖尿病/病院と獣医師】~糖尿病の猫さんと暮らすために(5/6)~

作者は引越しが多く愛猫も何度も引越しを経験している。その度に動物病院を探す為、今までお世話になった病院は10件程。作者が動物病院を選ぶ際の決め手とは?病院選びって重要な事だよなぁ。

【カウントダウン|あと4日】

ハリー君は、ママがいないとワンワン鳴きだします。
30分以上のお留守番ができないのは、子供の頃からずっと。
どこへでもママについていきます。
今日はどこに行くのかな?
さあ、17歳まであと4日だよ!

f:id:masami_takasu:20190623090934g:plain

【長老からのお誘い】老犬アルバム

老犬アルバムは、おじい、おばあワンコのご参加をお待ちしています。
歳をとってはじめて気づくこと、沢山ありますね。
天国組もどうぞ!
それに、おじい、おばあニャンコも!
#老犬アルバム #秘密結社老犬倶楽部 #秘密結社老犬倶楽部天国支部

f:id:masami_takasu:20190623091846g:plain

老犬アルバムへ

【追悼】No.21の北斗さん

老犬アルバムNo.21の北斗さんが、昨日お空に旅立ちました。
北斗さんが老犬倶楽部の仲間になった時のこと、よく覚えているよ。
最期まで、ご家族に大切に大切にお世話してもらって幸せだったよね。
ママのこと、お空から見守ってあげてね。
北斗さん、どうか安らかに。

f:id:masami_takasu:20190623092310g:plain

 

【老犬アルバム】No.139

心さんをご紹介。
悲しい過去のせいで、噛み癖のある心さん。
優しいご家族に出会えて、本当の愛を知ったよ。
人を信じてくれて、心を開いてくれてありがとう。
これからはゆっくりとママに甘えて過ごしていこうね。

f:id:masami_takasu:20190623092409g:plain

6月17日(月)

はながうちにくるまで|1/2

犬を迎えたのは、当時学校に疲弊していた一人息子のためです。
息子が突然「犬を飼いたい」と言い出したのです。
一度も犬を飼ったことはありませんでした。
それでも飼おうと思いました。
問題は、主人が犬嫌いだということでした。

【再編集】
【決めた、もう一度犬を飼おう!】~アンジュがうちの子になったのは(前編)~

先代犬を亡くしてから飼い主としての責任と資質の無さを悔やんでいた作者。
先代犬の血統書を見ながら、兄弟犬は元気にしているのだろうかと考えた。
そこから運命の針が動き出したんだ。

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(6/26)~

血液の結果が良かった愛猫はそれが伝わったのかいつもよりアクティブ。
ごはんもウエットなら食べてくれるが、飲むようになっていた水を飲まなくなった。
闘病していると一日単位で色々変わるので、目を離せないんだよなぁ

【1年前の今頃は?】週刊Withdog&Withcat

この週のwith dogは名作記事が目白押し。
当サイトの人気記事、ラフさんのお話の続編を掲載。そして、今現在世間を賑わせてる幼児虐待死事件の様に、飼い主が逮捕されたらその後ペットはどうなるか?を考える記事も掲載。逮捕でなくても考えさせられる話

f:id:masami_takasu:20190623090449g:plain

【2018年6月24日版】

【カウントダウン|あと3日】

ハリー君はお肉が大好き。
誕生日には、ワンコステーキを食べさせてもらう約束です。
ママは毎日耳元で、ワンコステーキ、ワンコステーキと囁いてるそうです。
あと3日でもらえるよ!
#秘密結社老犬倶楽部 #老犬アルバム #アイリッシュセター

f:id:masami_takasu:20190623091937g:plain

【長老からのお誘い】老犬アルバム

老犬アルバムは、おじい、おばあワンコのご参加をお待ちしています。
今日も食べて出して眠ってがんばろー
お空組もどうぞ!
お空組は年齢不問です。
おじい、おばあニャンコもね。
f:id:masami_takasu:20190623091209g:plain

老犬アルバムへ

6月18日(火)

老犬アルバムの思い出 ⑧

No.19のくろんさん、No.20の里子さんは、同じ飼い主さん。
里子さんが亡くなってから、くろんさんは元気がないのだとか。
だから、元気が出るようにと。
飼い主さんの愛情あふれるメッセージが、とても素敵です。
No.21の北斗さん、No22のビーさん、配信をした日のこと
No17のさくらさん、No18のレイさんにも思い出が。
それは記事の中で。

【過去記事】
【ペットロスを乗り越えて】~アンジュがうちにくるまで(後編)~

「またピレをわが家に迎えるよ」
ペットロスに苦しんだ作者は妻の言葉で変わり始める。
新しいわが子を迎えるための準備をする作者。
先代犬を忘れるわけではない。新しい子との思い出を作るんだ。

【過去記事】
【糖尿病/注意点】~糖尿病の猫さんと暮らすために(6/6)~

3つ目の病院で、作者はプレッシャーから解放されたような気がした。
闘病生活は長い為患者(猫)も家族もずっと気が張っていたら神経が参ってしまう。
それに寄り添ってくれる先生に出会えて本当に良かった

【カウントダウン|あと2日】

ハリー君は、ミカンが大好き。
ママにミカンを運ぶとご褒美で少しもらえます。
だけど最近は歩くのがしんどくなってきちゃったね。
誕生日にはミカンももらうのかな?
17歳まであと2日!
#秘密結社老犬倶楽部 #老犬アルバム #アイリッシュセター

f:id:masami_takasu:20190623092030g:plain

【長老からのお誘い】老犬アルバム

老犬アルバムは、おじい、おばあワンコのご参加をお待ちしています。
ママやパパを心配させないで今日も健やかまったりだよ〜
お空組さんも募集中(年齢不問です)
おじい、おばあニャンもね

f:id:masami_takasu:20190623091354g:plain

老犬アルバムへ

【オタ福の語り部屋】 『脾臓摘出手術の注意点』

『脾臓摘出手術の注意点』についてです。外科的要素が強いので、ちょっとニーズとずれるかもしれませんが、それも『オタ福の語り部屋』の味なので笑 ペットが脾臓摘出手術を受ける予定、受けた方は是非参考にしてみて下さい 術後の注意点などを書いています。

6月19日(水)

チョコラッの闘病記|74話

体調に気になることがあって、急遽病院へ。
体に新しいシミが増えたし、おりもの増えたし、嘔吐も2回。
健康なら様子見だろうけど、
大病を抱えると、どれも気になることばかり。
飼い主はつらいね。
そして、いつもよりも詳しい検査を。
結果は?――

ちぃの闘病記|まとめ

もうすぐ10歳の誕生日、という初夏のある日
ちぃは、ごはんを食べなくなりました。
重度の貧血、そして脾臓に見つかった異変。
緊急の脾臓摘出手術で、ちぃは事なきを得た――、はずでした。
しかしそれは、ちぃの本当の闘病のはじまりだったのです。

【再編集】
【リハビリのお供】~バーディがうちにくるまで~

ある日、突発的な事故で大怪我をした作者。
犬と散歩をすればリハビリになるんじゃないかと、小さなペットショップに。
そこで出会った白くて可愛い子との出会いが作者にとって運命だった。
全てはここから始まった。

【再編集】
【低血糖】~最近元気がないのは、低血糖が原因のことも~

ハナちゃんママの病院に来た子猫、
風邪をひいていて目やにがいっぱいで、体温が低く意識がない。
なんとか採血して血液検査をすると血糖値が27。
このままでは命が危ない。この小さな命をどう救うのだろう?

【カウントダウン|あと1日】

ハリー君は、ママの手作りの車椅子がお気に入り。
何度も改良して、愛情のこもったハリー君の専用。
これでママにミカンも運べるね。
明日はワンコステーキかな?
17歳まであと1日!
#秘密結社老犬倶楽部 #老犬アルバム #アイリッシュセター

f:id:masami_takasu:20190623092108g:plain

【長老からのお誘い】老犬アルバム

老犬アルバムは、おじい、おばあワンコのご参加をお待ちしています。
ママやパパを心配させないで今日も健やかまったりだよ〜
お空組さんも募集中(年齢不問です)
おじい、おばあニャンもね

f:id:masami_takasu:20190623091456g:plain

老犬アルバムへ

【オタ福の相談部屋】
『前立腺がんに対する非ステロイド性消炎剤の効果』

『前立腺がんに対する非ステロイド性消炎剤の効果』についてのご質問に回答しました! 非ステロイド性消炎剤を『はたらく細胞』チックに関空・紀州路快速に見立てて解説しています笑 前立腺がんは抗がん剤以外の化学療法で治療成績がある珍しい腫瘍です。

6月20日(木)

はながうちにくるまで|2/2

うちの子になった”はな”には、トレーニングが待っていました。
トイレのこと、それから小食だから、たべてもらうこと。
新米飼い主だから、本を見ながらはなと一緒に勉強をしました。
そんな風にして、あっという間に13年が過ぎました。

【再編集】
【お父さんは犬嫌い?】~マロンがうちにくるまで~

ウサギを欲しがっていた娘を諦めさせる父親の作戦だったのに…
そこから作者は必死に調べて命を預かる覚悟を決めた。
「絶対に不幸にしない。とことん向き合って面倒見る!」
このくらいの決意を持って迎えないとね。

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(7/26)~

愛猫の具合はゆるやかに下っていて、
少しずつ命の火が小さくなっているのを感じると作者。
食事量と排泄の少なさからもそんな風に思えるのだと。
葬儀場や霊園も調べ、看取りの準備をする時期なのだと受け取めている、作者の想いが辛かった

【おめでとう、17歳】

ハリー君、今日お誕生日を迎えました。
「毎日ご飯食べて、出す物出して、それだけで偉い」
は、ママの一言。
一緒に応援して下さった皆さん、ありがとございます。
そして、何度でもおめでとう!
#秘密結社老犬倶楽部 #老犬アルバム #アイリッシュセター

f:id:masami_takasu:20190623092209g:plain

【長老からのお誘い】老犬アルバム

老犬アルバムでは、おじいおばあワンのご参加をお待ちしております。
17歳になったボクもまだまだママの傍で頑張るから、みんなも元気でね。
お空組(年齢不問)おじい、おばあニャンも是非どうぞ

f:id:masami_takasu:20190623091534g:plain

老犬アルバムへ

【老犬アルバム】No.1 - b

No.1のハリーさんが今日17歳になりました。
お腹が空くと、バタバタと『ご飯・ご飯体操』してママに知らせるよ。
お誕生日のワンコステーキの味はどうかな?
これからもママと二人三脚で、毎日をまったりと過ごそうね。

f:id:masami_takasu:20190623100111g:plain

【老犬アルバム】No.140

リッキーさんをご紹介。
小さな頃から怖がりだったけれど、歳を重ねて穏やかになったよ。
ご飯やおやつをおねだりしちゃう食いしん坊さん。
最近はあまりぐっすり眠れないのかな…
ママの愛情に包まれて穏やかに行こうね

f:id:masami_takasu:20190623093904g:plain

【オタ福の語り部屋】
『「骨肉腫」を簡単に解説してみた』

『「骨肉腫」を簡単に解説してみた』です。
骨肉腫は中~大型犬に発生が多い骨の腫瘍です。
疼痛緩和の目的で断脚手術が行われることが多いです。 しかし、断脚後の抗がん剤治療の有効性がはっきりと証明されている有名な腫瘍でもあります。

6月21(金)

こちら、オタ福診療所|8話

今回は『ペットの肺がん』です。
この病気、激しい咳や、血痰を想像しがちですが、実はそれほど顕著な症状がでないことが多いようです。
我が家のピーチーは、ほんのちょっと息が粗い程度。
健康な時なら様子見するところを、持病があって心配なので病院にいったら
とにかく、目立ちます。
さて、どうするか?

【再編集】
【飼っていいの?】~てんてんがうちにくるまで~

ウサギさえ飼う事を許してくれなかった夫からある日かかってきた電話。
「ミニチュアダックスフンドの3ヶ月の仔犬欲しい人居ないかと電話が来た」
作者の長年の夢はこうして叶ったわけだが、相当嬉しかっただろうなぁ

【リライト】
【ダニ寄生】~カイカイなアレ、イヤイヤ~

ハナちゃんママの病院に、ダニ寄生の猫がやってきた。
耳を手で押さえて見てみると、そこには…思ったよりも大きくて驚いた。
こんな事にならない為、予防をしっかりとしてあげて欲しい。
守ってあげらるのは飼い主さんだけ

● 

6月22日(土)

れんの闘病記|1/2

れんの耳(中耳・内耳炎)の疾患は、改善しないまま5年。
やがて相棒のちぃの闘病が始まり、我が家は2匹が平行して闘病することに。
お互いが、お互いを見守る闘病でした。
今回は4年目のお話
れんは

【再編集】
【別れの日が怖い】~岳がうちにくるまで(前編)~

犬好きな結婚7年目の夫婦。
妻である作者は自分の病気のために飼うことを諦めていた。
そんな作者に犬を飼うことを提案する優しい夫。
お互いを思いやる気持ちは犬を迎えることに繋がっていくのか?
愛って奥が深いなぁ

● 

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(8/26)〜

愛猫が朝の薬を飲んだ後、泡のようなものを吐いた。
カリカリを口にするが噛むだけであまり飲みこめていない。
自分から食べようとしてるうちはシリンジの強制給餌はしたくない。
作者の葛藤がよくわかるだけに心が重くなった

【オタ福の語り部屋】
『腸管腫瘍の発生とリスク』

『腸管腫瘍の発生とリスク』についてです。
今回は腸に発生する腫瘍ではどんな腫瘍が多いのかと、
どういった犬種や病気、薬が腸管腫瘍の発生リスクを上げるのかについて解説しています。

内容こそ薄めですが、リスクについて知れるいい記事だと思います。

Withdog、Withcat より 

【6月23日版】先週は30記事と、3枚の老犬・老猫カードをご紹介しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

 

 老犬、老猫アルバム

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか