Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【6月16日版】特集:原因不明のペットの脱毛、老犬アルバム【週刊WD&WC】[2019.6.16]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年6月9日~6月15日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵はキムチさん(飼い主:鬼嫁.comさん)です。
 
[Topics]
【完結】凶暴な犬、心
・老犬アルバムの思い出
・猫宅のお話
・こちらオタ福診療所|脱毛
・原因不明のペットの脱毛|まとめ
【新章】チョコラッの闘病記
 など

 

6月9日(日)

【6月9日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
◎私の空、マナー2章最終話
・老犬アルバムの思い出
◎ヒート後の食欲不振
・チョコラッの闘病記|まとめ①②
【新】凶暴な犬、心の話
・猫宅のお話
 など
[表紙]
今回の扉絵はHANAさん(飼い主:HANAママさん)です。

f:id:masami_takasu:20190616064223g:plain

【6月9日版】

【お知らせ】チョコラッの闘病記 新章

今週から『チョコラッの闘病記』新章のスタート。
ーーその前に、闘病の始まりを振り返ります。
【再編集】
チョコラッの闘病記|まとめ③
まったく聞いたことのない病気との闘いが始まりました。
免疫抑制剤の効果が出始めますが、薬は効果と副作用が表裏一体。

【過去記事】
【犬の人間年齢|シニア版】~犬の年齢を人間に換算してみたら(2/2)~

犬の人間年齢の換算方法は色々とあり日本で多く用いられている計算式は、欧米とは異なっている。今回は米国で開発されたシニア犬向けの年齢換算表。どれを信じるかは飼い主さん次第なのかな

【過去記事】
【糖尿病/インスリン】~糖尿病の猫さんと暮らすために(2/6)~

病院で愛猫の注射を練習してみる作者。「この先ずっとインスリン注射生活…毎日この子に2回も針を刺すのか…」この闘病は長期戦、飼い主が大らかな気持ちでどんと構えてやっていく事が大切になる

【老犬アルバム】No.127

コフィさんをご紹介。
控え目で大人しく可愛らしいコフィさん。
転びそうになりながらも一生懸命に歩くコフィさんの姿は、胸に焼き付いているよ。
いっぱい愛されて幸せだったね。
お空からママとぶーちゃんを守ってね。

f:id:masami_takasu:20190616064546g:plain

[追悼]涼太さん

老犬アルバムNo.75の涼太さんがお空に旅立ちました。
数日前まで朝のお散歩の姿を見せてくれていたから驚いたよ。
お空では涼太さんの娘の菜々さんが待っていてくれるんだって。
親子で仲良く走っているかなぁ?
そちらから菜々さんとママを見守っていてね。
涼太さん、どうぞ安らかに。

f:id:masami_takasu:20190616064700g:plain

6月10日(月)

凶暴な犬、心の話|2/3

うちに来たばかりの心(ここ)は、怯えて声も出しませんでした。
数日は様子見――
オモチャを出しても遊びません。”遊び”自体を知らないようです。
やがて――
心は、本領を発揮し始めました。
我が家で初め出した声は、何と威嚇のガウガウでしたーー

【1年前の今頃は?】週刊Withdog&Withcat

この週では、“安楽死と看取り”についての記事が紹介されています。
安楽死と看取り。
重いテーマで、その時を迎える前から考える事は少ないですが、ペットと暮らすといつか来る別れ。
そこに向き合う言葉の数々には、教えて貰う事が沢山詰まっています。

f:id:masami_takasu:20190616062559g:plain

【2018.6.17版】

【再編集】
チョコラッの闘病記|まとめ④

免疫抑制剤を使うと、血栓や感染症や筋力の低下など、次々と副作用の心配が生じます。
免疫系疾患は、治療に唯一の正解がない。
トライ&エラーで臨むしかありません。
「毎日が綱渡りみたい」
飼い主のらぶプーさんが語ります。

【再編集】
【はじめて犬を飼う】~あんこがうちにくるまで~

昔からいつかは犬を飼いたいとずっと夢見ていた作者。そんな夢を忘れかけてた時、面白い顔した変テコな犬を見かけた。ブルテリアという犬は本当に魅力的だなぁと思う。そんな犬と出会ってしまったらそれはもう運命。

【リライト】
【閉尿/尿石症/カテーテル】~猫も犬も男の子が要注意~

閉尿は体質や肥満、運動不足などいろいろな原因で起こる為、対処方としては、処方食を食べていく事と定期的な尿検査が必要になるらしい。ハナちゃんママの病院に来た子は会陰尿道廔設置術となってしまった

6月11日(火)

老犬アルバムの思い出 ⑦

No.16の哲さんは、私が知った頃はもう天国支部の一員。
でも哲ママさんは愛情たっぷりでした。
いつまでも可愛い。いつまでも愛している。
そして、老犬好きは、他の老犬さんにも優しい。
私のお手本です。
No17のさくらさん、No18のレイさんにも思い出が。
それは記事の中で。

【再編集】
チョコラッの闘病記|まとめ⑤

愛犬の闘病が始まると、飼い主の生活は、そこを中心に回り始めます。
心配で、いつもそのことばかり考えてしまう――
獣医師から聞く言葉もほとんどが初耳。
薬も治療法も、時には病名も。
闘病を経験した方は分かりますよね?

【再編集】
【映画マスクに登場】~ジェッツがうちにくるまで~

家族が病気になり住んでいたアメリカから急遽、帰国する事になった作者。精根使い果たしていた作者に「犬でも飼おうか?」とご主人の言葉。その運命の子はとってもハイパーでとことん愛らしくて…名前はジェッツ!

【過去記事】
【リンパ腫】~レスキュー2回目(4/26)~

ここ数日で一番といえるほど、良い状態の愛猫。良い状態でいる=数値が良いではないと、よくわかっている為、ぬか喜びはしないと作者。闘病する子と暮らす飼い主の心は、喜びと不安のいったりきたりを繰り返すばかりだ。

【オタ福の相談部屋】
『肛門周囲腺癌が疑われた症例、パラディア®️は効きますか?』

肛門周囲腺癌と診断されたM.ダックスの飼い主さんからのご質問です。 肛門周囲腺癌に対し、パラディア®︎(トセラニブ)を処方されたそうなのですが、2ndオピニオンでは「この腫瘍には効きません」と言われたそうです 実際にはどうなのかお答えします!

6月12日(水)

猫宅のお話|その13

44の物語、今回は出会いと別れ。
不思議と猫宅には、自分の方からやってくる猫がいます。
仲間がいることが、そして安全なことが分かるのでしょうか?
しかし、去る猫もいます。
陸と――
ずっとこのお話に登場したもう一人の主人公。
外猫のちゃー 

【新章|近日】
チョコラッの闘病記|⑥

病気の発症から半年が過ぎると、飼い主側にも理解と知識が深まってきます。
始めは、訳の分からないものと闘う不安。
やがて段々と形が見えて来る。
そして、”生存率”や”余命”という、深刻な言葉が、
現実感を持って迫ってきます。

【再編集】
【犬を飼う理由】~トラ、サブ、ゲンがうちにくるまで~

数年間の親の介護を終え、やっと楽になったのにそれを超える虚無感に苛まれていた作者。厄介なものを背負いたい、そんな気持ちで迎えた飼いにくいと言われる犬種3匹。そんなところが最高にカッコいい!憧れる。

【過去記事】
【糖尿病/療法食】~糖尿病の猫さんと暮らすために(3/6)~

愛猫が病気になって「猫たちに食べさせるものには気をつかおう」と思うようになった作者。小さな体の猫にとって日頃の食習慣が重篤な問題に至る。愛猫にも飼い主にも無理なく続けられるものって何?

【オタ福の語り部屋】
『肛門周囲にできる3つ腫瘍』

『肛門周囲にできる3つ腫瘍』について簡単に解説しました! 肛門周りには ・肛門周囲腺腫 ・肛門周囲腺癌 ・肛門嚢腺癌 の3つの腫瘍がよく発生します。 これらの悪性度や治療法について簡単に比較しています。 ぜひ参考にしてみて下さい!

6月13日(木)

凶暴な犬、心の話|3/3 ー最終話―

心(ここ)は、本気で私たちを噛みました。
何かのきっかけで、凶暴のスイッチが入るようです。
噛み方も、凶暴そのものでした。
「なんで連れてきたの?」
と泣く娘……
しかし私は、心に愛情を注ぎました。
心を信じて。
やがて、心は――

【新章|近日】
チョコラッの闘病記|まとめ⑦

免疫抑制剤の効果か、血液検査は初の基準値内。
しかし、それ以上には改善せず横ばいに――
免疫系疾患はコントロールが難しい。
悪くならないことを、喜ばないといけないのかも。
そんな思いの中、チョコラッは10歳の誕生日!

【新章|近日】
チョコラッの闘病記|まとめ⑧

安定したかに思われたチョコラッの体調は、再び悪化。
また貧血状態に戻る。
難病――、完治はしない――
分かってはいるけれど、それで諦める訳にはいかない。
免疫抑制剤の処方を倍にして、その先に望みをつなぐのでした。

【再編集】
【犬種の相性は?】~ディアンがうちにくるまで~

ジャックラッセルテリアを迎えた作者の夫が、脳天に雷が落ちたような出会いをする。茶色いぬいぐるみにじゃれている白くてちっちゃなミニチュア・ブルテリア。
可愛い〜。でもジャックとの相性最悪?さあ、どうする?

【過去記事】
【はじめて飼った猫】~みゅうさんとのふたり暮らし(前編)~

ある日、仔猫が複数いるゲージから青いリボンのちいさな男のこを連れて帰った作者。まだその頃の作者は若く無知で無謀だった。6年後、突然その子の呼吸がおかしくなった。慌てて病院に連れて行くと…

【老犬アルバム】No.138

BOO(ぶー)ちゃんをご紹介。
一緒に暮らすコフィさんを見送って体調を崩したぶーちゃん。
もう元気になったね、嬉しいよ。
仲良しだったコフィさんの分も沢山ママに甘えてお出かけもしよう。
あと5日で16歳、楽しみだね。

f:id:masami_takasu:20190616065707g:plain

【オタ福の語り部屋】
『高脂血症』

血液検査を考えるシリーズ 今回は『高脂血症』 高脂血症はM.シュナウザーやシェルティーで遺伝的に起こりやすいと言われています。 肝機能や胆道系疾患のマーカーになるだけでなく、膵炎の予測マーカーになる可能性も示唆されている大切な項目です。

6月14(金)

こちら、オタ福診療所|7話

今回は『ペットの脱毛』です。
ある日、急に始まり、原因不明の場合が多い。
痒がらないケースも多く、命に関わるものでないために、
獣医師からも軽視されがち。
しかし、飼い主さんにとっては大問題。
とにかく、目立ちます。
さて、どうするか?

【新章|明日】
チョコラッの闘病記|まとめ⑨

1年生存率5割の難病を抱えながら、チョコラッの闘病は1年目を迎えます。
闘病記を読むと分かります。
諦めない飼い主に、時に奇跡が起きる事がーー
誰もが報われるわけではないけれど、
希望を持ち続けることが、大事なんだと。

【告知】
『チョコラッの闘病記』

明日『チョコラッの闘病記』新章を公開します。
2年半前、作者のらぶプーさんから届いたお便りには、
『チョコラッはもう長くはないかもしれません』
と、書かれていました。驚きました。
また仲間のワンコがいなくなる?
――しかし、チョコラは今も生きています。
1年生存率5割の壁を越えて。

f:id:masami_takasu:20190616070017g:plain

『チョコラッの闘病記を』ぜひ公開したいと思いました。
最初は、飼い主さんを応援したかったからです。
でもそれは、次第に変わっていきました。
『信じることの大切さを伝えていこう』に――
全ての人が報われるわけではありません。
しかし――、その前に、信じることから始めようと。

犬は不思議ですよね。
最初は「何とかこの子を助けてあげたい」と思うのです。
でも、ふと振り返って気が付く。
「あれ、助けられていたのは、本当は自分だったんだ」と――
愛犬の闘病は、自分の弱い心と闘うことでもありますよね。
「お前に恥ずかしくなように闘うよ」
いなくなった今も思うのです。

【再編集】
【初めての犬が大型犬】~ハリーがうちにくるまで~

ある日ペットコーナーに見た事もない可愛い子犬が。パパに反対されるから連れて帰ってしまえ、作者と娘はこの子を迎えることに。来週17歳になるハリーさんはこうしてやってきた。赤い悪魔と赤い糸で結ばれてたの?

【過去記事】
【糖尿病/食事の工夫】~糖尿病の猫さんと暮らすために(4/6)~

愛猫の糖尿病が発覚した時インスリン以外に何かできる事はないかと考えた作者。たどり着いたのがこれ。もともと吐く癖のある愛猫に合う猫草はこれが一番。病気の猫と快適に暮らす為の参考にどうぞ

● 

6月15日(土)

チョコラッの闘病記|73話

今日から新章です。生存2年を目指して!
「これは何だ!?」
チョコラッの体に黒いシミを発見。
痒みもなさそう。毛も抜けないけど――
病院に連れて行くべきなのか?
大病を抱えていると、一々、気になることばかり。
そして淡々とした日々も、また闘病

 

【再編集】
【保健所での出会い】~旅人がうちにくるまで・前編~

保健所ってどんな所?ちょっと行ってみようか。そんな気持ちで出かけてみたら、10匹くらいの小さな子犬が。その中に作者をずっと見てくる1匹。その子には片目がなかった。でもそんな事はどうでも良かったんだ。

【過去記事】
【お願い、いかないで】~みゅうさんとのふたり暮らし(後編)~

病院で注射を打ってもらった愛猫は、真っ暗な押し入れの隅でまあるくなり、今迄聞いたことのない鳴き声をあげた。作者にとって初めての緊急事態、心臓がバクバクとなりだした。お願い、助けて!!

[追悼]ラブさん

老犬アルバムNo.131のラブさんが昨日お空に旅立ちました。
一緒に暮らすワンコ達と一つの丸いベッドに入って、ワンコ丼になって寝ている姿は可愛かったなぁ。
大好きなプールも楽しかったね。
お空の上でも、いっぱい泳いでいっぱい走ってお散歩を楽しんでね。
ラブさん、どうか安らかに。

f:id:masami_takasu:20190616070736g:plain

【カウントダウン|あと5日】
目指せ17歳!

老犬アルバムNo.1で、長老の一人であるハリー君。
6月20日が17歳の誕生日。
大型犬は人間の124歳です。
心臓が弱ってきていて、ハリーママは心配な毎日だとか。
応援の意味で、カウントダウンをします。
あと5日!
#秘密結社老犬倶楽部 #老犬アルバム

f:id:masami_takasu:20190616070525g:plain

老犬アルバム

Withdog、Withcat より 

【6月16日版】先週は34記事と、4枚の老犬・老猫カードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

来週日曜日の配信予定です。

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

 

 老犬、老猫アルバム

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか