Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【リンパ腫】「その日」がくるまで生きようず! Complete ⑫ ~抗がん剤治療-レスキュー2回目(2/4)~

「その日」がくるまで生きようず! 77話~82話
f:id:masami_takasu:20190225122538j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:miyakonokaori

脚本家・波多野都さんの愛猫ソーニャの、リンパ腫闘病記。
抗がん剤治療のレスキュー2回目(全26話+1話)のまとめ読み2/4です。

UW25プロトコールの最終である4クール目が終わり、ほんの僅かに期待を寄せた寛解には至りませんでした。抗がん剤治療では、がん細胞が一度使用した薬剤に対して耐性を持ってしまうことから、新しいタイプのものを使用します。
通常の治療であるUWFプロトコールの薬剤を使い切ったため、ソーニャはレスキュープロトコルとして残されたわずかの薬剤を使い、延命を試みます。

「その日」への覚悟を固めたつもりなのに、揺れ動く飼い主の心。

本作は闘病記であるとともに、終末期のペットを見つめる飼い主の記録です。
77話|2月15日|ゆるやかに

猫さんは、抗がん剤治療の平均生存期間を越えました。
でも――
猫さんの具合はゆるやかに下っている。
少しずつ、命の火が小さくなっているのを感じる。
余裕があるうちに、葬儀場や霊園について考えるのですが……
――飼い主、ボロボロ泣く

78話|2月17日|考えるときが来たな…

猫さん体調は下降線
食欲をなくした猫さんに、強制給餌をするべきか?
できればやりたくないな――
猫さんが全力で抵抗するから、罪悪感に囚われるんだ。
体力維持も大切なんだけど――
治療法も含めて、考えるべき時がきたのかもしれないな――

79話|2月19日 朝|抗がん剤 ロムスチン(レスキュー)

「痩せちゃったね…」
痩せ細っていく体を前に、あまりにも飼い主は無力――
すっかり疲れ切ってしまい、猫さんの前で涙する飼い主。
あなたが生まれて来てくれたこと、そして今ここにいること。
感謝しているよ。
だから――、もう少し粘ってみる。

80話|2月19日 昼|覚悟なんて

今日は、とても短い1話です。
ペットの闘病、それも最後の闘病をしている方は、きっと同じことを思うはずです。
だって、ずっと一緒にいたんだもの。
覚悟って、そう簡単じゃない。
だけどね――、それでも――

● 

81話|2月20日|心臓止まりかけたわ!(飼い主の)

「眠っている間に、猫さんが旅立ってしまったらいやだな」
そう思いながらも就寝した飼い主。
起きてすぐ、廊下にグレーの塊りを発見。
「トイレへ行こうとして力尽きたんだ!」
しかし、幸いそれは――
これ闘病中の飼い主は、一度は経験することかもしれません。
うちでもやりました。

因みに我が家は――

何度か似たような事が。
お気に入りの毛布を、いつもと違う場所に運んで行って放置したときです。
それと、恐ろしく不自然な寝相で熟睡しているときも、
「力尽きたか!」
と思いました。
飼い主の心臓――
止まりそうになりますよね。
↓ 例えば、こんな寝相です。

f:id:masami_takasu:20190120080537j:plain

その日は近づいているのだけれど

波多野都さんの愛猫ソーニャの闘病記は、お別れの日に向かって進んでいます。
連載開始は1年前。
闘病記を残す意義を、作者の波多野さんと確認し合ってのものでした。
別れに向かう飼い主の心は、ユラユラと揺れますよね。
それを残す事も、大きな意義があると思っているのです。

WithdogとWithcatでは、看取りの記事を幾つも出しています。
それには目的があります。
看取りに、良い/悪いがあるとは思いません。
しかし、”満足のいく看取り”というものは絶対にあります。
それがあると知るだけでも、大きな意味があると思っているんです。

f:id:masami_takasu:20190127080708g:plain

飼い主たちが闘病記を書く理由 ①

飼い主さんが闘病記を書く理由は色々ですが、
一番大きな理由は、それまでに読ませてもらった闘病記への感謝でしょう。
誰かの書いた闘病記に励まされたから、私も誰かのために残したい。
そんな気持ちですね。
誰も読まないかもしれないけれど、それでも書くという気持ち。

f:id:masami_takasu:20190127075428g:plain

飼い主たちが闘病記を書く理由 ②

やがて気づく時がくるかもしれませんね。
うちの子は去っていったけれど、その思い出がだれかの役にたって、誰かの心に残ることに。
そしてーー
見知らぬ人からの感謝は、私にまでは届いてこないけれど、
きっと書いた私だけでなく、天国のあの子も感謝されていることに。

f:id:masami_takasu:20190127075223g:plain

82話|2月21日|泣かされっぱなし

前日、ほぼ意識をなくした猫さん。
日は越せないと、覚悟していたのに……
むくっと起きた猫さんは、歩きました。
――カリッとドライフードを噛む音
――もう聞けないと思っていた音
泣きっぱなしの飼い主でした。
もう少しだけ頑張ろうず!

これまでの闘病の経過 

病気の発覚から確定診断まで
2013年9月25日~

第1クール
2013年9月29日~10月29日

第2クール
2013年11月5日~11月26日

第3クール
2013年12月24日~2014年1月13日

レスキュー1回目
2014年1月14日~2014年1月20日

第4クール
2014年1月21日~2015年2月3日

レスキュー2回目
2014年2月4日~3月5日

――レスキュー2回目・まとめよみ(2/4)・つづく――

作:miyakonokaori(波多野都)
コメント:高栖匡躬 

――次のまとめ読み――

――前のまとめ読み――

――これまでのまとめよみ――

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain