Dog&Cat's Stories

犬の話、猫の話、犬と猫の話

【8月11日版】話題:いつだって新米飼い主、ねこさん増えました【週刊WD&WC】[2019.8.11]

週刊 Withdog & Withcat 一週間をまとめ読み
2019年8月4日~8月10日

週刊Withdog&Withcat_扉

Review
カテゴリー:一週間のまとめよみ
作者:オムニバス
先週一週間のWithdog、Withcat、Dog&Cat Storiesの配信記事をまとめています。
今回の扉絵はモモコさん(飼い主:たまこさん)です。
[Topics]
・チョコラッの闘病記
☆エリーの出産
・私の空、マナ
・老犬アルバムの思い出⑮
☆チャベスがうちにくるまで
◎ねこさん、増えました
◎いつだって新米飼い主
 など

 

8月4日(日)

チョコラッの闘病記|84話

チョコラッにクッシング症候群の疑いが浮上。
ステロイドを長期服用していたためなのか?
目下、歯茎と舌の色に気をつけながら経過観察中。
今のところは元気だし、食欲もあるので、貧血は悪化していないと思われる。
――どうなのだろうか?

【うちのハナちゃん、最後の募集】

『うちのハナちゃん』ですが、次にお送りするHANAちゃんが、最後の記事になりそうです。
ご参加をお考えの方はお知らせくださいね。猫のハナちゃんもどうぞ。
現在のハナちゃんは、10匹のワンコで、合計14記事です。
随分と集まりました。
#犬を飼うということ

f:id:masami_takasu:20190811005243g:plain

【8月4日版】週刊Withdog&Withcat

―先週の記事は―
[Topics]
・私の空、マナ
・老犬アルバムの思い出⑭
◎ねこさん、増えました
・チョコラッの闘病記
【要注意】薬物中毒|エチレングリコール
☆もう一度、犬を飼うということ
〇猫宅のお話⑮
◎老犬アルバムの思い出|まとめ①
◎はながうちにくるまで
 など
[表紙]
今回の扉絵はさくらさん(飼い主:松原ののんこさん)です。

f:id:masami_takasu:20190811005445g:plain

【8月4日版】

【過去記事】
【犬は家族】〜愛犬ラフに守られてきた、うちの二男〜

人は一緒に暮らす犬に教えられることが多い。
我が家の二男と3年前に亡くなった愛犬との関係はちょっと不思議なものだった。
今でも、愛犬が二男の様子を見ている時の、呆れたような心配そうな顔を時々思い出す。

【過去記事】
【愛猫の思い出】~別れは実は、はじまりかもね~

「どうして、始まりには終わりがあるのだろう? ずっと続けばいいのに」大切なものをなくした時、誰もがそんな風に思うはず。愛猫を亡くした作者が綴っていく詩的な世界に、なぜだかすうっと吸い込まれていった。

【老犬アルバム】No.156

コロンさんをご紹介。
人も犬も大好きでぬいぐるみを可愛がる優しいコロンさん。
自家製のリンゴやトマト、美味しかったよねぇ。
パパさんに大切にして貰っていっぱい愛して貰って幸せだったね。
お空から見ていてね。

f:id:masami_takasu:20190811005731g:plain

8月5日(月)

エリーの出産

突然もらわれてきたエリーは、超オーバーサイズに育ちました。
「エリーの子供が見たいなぁ」
そう思った私と母は、ブリーダーさんに相談に行きます。
紆余曲折のドタバタの結果、エリーは母になります。
「えらいなぁ」
こうして生まれたのが、”つきの”でした。

私の空、マナ|25話

網戸を閉めたまま「マナ危ないよ、車来るよ」と言い続けた日々。
やがて、マナの反応が変わってきました。
「気持ちを理解するようになった?」
私は、マナを試すことにしました。
私には自信があったのです。
さて、マナと私の信頼関係は?――

【過去記事】
【低アルブミン血症】~ルイの闘病記(2/16)~

低アルブミン血症についての先生からの説明は、一瞬にして作者の思考回路を混乱させてしまった。
家に帰ってからもしばらく呆然自失で、なにも手につかず…
愛犬の深刻な状態に気づかずにいた自分への後悔ばかりだった…

【過去記事】
【リンパ腫|闘病記】~1クール目(1/13)~

愛猫の病名は多中心型リンパ腫と判明。
闘いのはじまりだ。「低分化型」か「高分化型」どちらかは、明日病院から診断結果をもらうときにわかるはず… 嘆いていてもしょうがない。
頭を切り替えようとしているのが伝わった

【老犬アルバム】No.157

エリーさんをご紹介。
7匹目の犬にして初めての室内犬、多感な時期の飼い主さんの姉妹のような存在だったよ。
賢くて豪快、元気な赤ちゃんも産んだエリーさん。
「アホやなぁ」って言うと尻尾ブンブン可愛い子だったねぇ

f:id:masami_takasu:20190811010007g:plain

8月6日(火)

老犬アルバムの思い出 ⑮

私はいつも、老犬さんの姿を追いかけています。
犬の平均寿命は15歳。
出会った時点で、やがてお別れが来ることも分かっています。それでも――
老犬さんの応援は、出合いと別れの繰り返しでもありますね。
今回はNo.40のジイターさんからの4ワン。

【過去記事】
【犬の知性は?】~ 犬の笑顔と笑い顔(その1)~

『笑顔』と 『笑い顔』の違いって何だろう?笑顔は、ある程度意識をして、笑い顔は無意識に、感情がほとばしる感じ。すると犬の『笑顔』と『笑い顔』ってどんな顔?『笑顔』はわかるけど『笑い顔』って本当にこれ?

【再編集】
【プラズマ細胞性肢端皮膚炎】【肉球】~肉球は好きだけれど、病気は駄目~

犬の肉球と猫の肉球は、かなり違うらしい。
猫の肉球は、プニュピニュでピンク色。
そんな猫の肉球にはあまり知られていない病気がある。
猫プラズマ細胞性肢端皮膚炎って知っていますか?

[追悼]ゴルディさん

老犬アルバムNo.134ゴルディさんが、昨日お空に旅立ちました。
足腰が弱くなってからも、ご家族の愛情に包まれて、穏やかにのんびりと過ごしていたよね。
とても大切にしてもらって、最期まで幸せだったゴルディさん。
お空では、沢山の仲間が待っていてくれるからね。
どうぞ、安らかに

f:id:masami_takasu:20190811010214g:plain

8月7日(水)

チャベスがうちにくるまで

ブルテリアは怖い犬だと思っていました。
しかし友人の愛犬ボブを見て、すっかりに虜に
とにかく可愛くて、従順で――
そのボブに子供が生まれ、すぐに会いに行きました。
思い思いに歩き回る仔犬たち
気付くと、足元にずっとついて来る子がいました。

【過去記事】
【犬って笑うの?】~ 犬の笑顔と笑い顔(その2)~

「犬の笑い顔」の記事について集まった投稿を見ながら、作者が回答していく。
「あのように良いものをご覧になったことがないなんて、もったいない」
そう言う作者。果たして「犬の笑い顔」はあったのだろうか?

【過去記事】
【リンパ腫|闘病記】~1クール目(2/13)~

愛猫の病理検査の結果は、作者の祈り届かず「低分化型」進行の早い悪性度の強いほうだった。骨髄にも侵食しているとの事で「ステージⅤ」との所見。
愛猫は17、8年ぐらいは生きてくれるんだろうと思っていたのに…

[追悼]パズーさん

老犬アルバムNo.26のパズーさんが、19歳と6カ月で旅立ちました。
しっかりと前だけを見て生き抜いたパズーさん、とてもかっこよかったよ。
ご家族に大切にしてもらったね。
大好きなママの腕の中で、ありがとうって言って旅立ったんだね。
お空のみんなに、よろしく伝えてね。
どうか安らかに

f:id:masami_takasu:20190811010423g:plain

8月8日(木)

ねこさん、増えました|2

『2匹です』という、ハットリ君のメッセージ――
何がと言うと、引き取る猫の頭数のこと。
よくよく見ると、受け取った写真の中には、確かにもう1匹写っているではないか。
とすると、犬1匹+猫3匹の大所帯になるということ?
一体、幾らかかるんだ?

【過去記事】
【決定的瞬間|永久保存版】~犬の笑顔と笑い顔(その3)~

これまでの投稿は、全て犬の笑顔の写真だったが、ついに犬の笑い顔の本命がに現れた。ギョーザのような犬の笑い顔…鼻から口元に向かって、小さな皺が入っている…うちの愛犬はこんな顔した事あったかな

【老犬アルバム】No.158

ジャスミンさんをご紹介。
ペットショップに長く居た時、ママと運命の出会いをしたよ。
引っ張りっこが大好きで、元気がないとそっと傍にきて寄り添ってくれる優しい子。
愛情に包まれて幸せになれて、嬉しかったよね。

f:id:masami_takasu:20190811010806g:plain

8月9(金)

私の空、マナ|26話

マナはFIVと診断されたけれど、マナへの気持ちは変わりません。
『マナは運命の子、私はいつもマナと一緒』
マナには1つだけ、FIVではない可能性が残されていました。
陽性だった結果が、陰性に変わる可能性――
「もう一度検査を」
私は、夏の暑い日射しの中、病院への道を歩いたのでした。

あの子に会ったその瞬間

昨日、”あの子”に会った時の動画です。
大きくなっていましたよ。
とは言っても、まだ両手に少し余るくらい。
これから編集しながら、少しずつUPしていきます。
編集ソフトに慣れてきたら、紫藤咲さんの動画と共に、YouTubeに置こうと思います。

With Dog&Cat’s Movies - YouTube

 

決定! あの子の名前は!

色々と考えました。
もう一度ピーチーというのが最有力だったのですが、文章にするときに一代目ピーチー、二代目ピーチーがややこしくなります。
やはり、違う名に――
で、どうなったのかといいうと――
動画をご覧ください。
#犬を飼うということ

With Dog&Cat’s Movies - YouTube

【過去記事】
【犬を飼うメリットは色々】~意外な事実、犬と腰痛~

私は元々腰痛持ちだ。大型犬の愛犬と暮らしている頃も腰痛で悩まされることはあった。しかし、いなくなってからの方が悪化する事が多い気がする。最近は肩まで痛くて病院通い。犬との生活は健康的だもんなぁ…

【過去記事】
【リンパ腫|闘病記】~1クール目(3/13)~

作者は始めての抗がん剤を終えた愛猫を迎えに。
顔を見た時「あれ?なんか違う。丸いw 」
笑いそうになったのを感じ取った愛猫は「ウゥー…」と不満げ。
お利口にしていたらしい愛猫を愛しく感じる作者の気持ちが伝わった

[追悼]アレサさん

老犬アルバムNo.24アレサさんが16歳4カ月でお空へと旅立ちました。
アレサさん、最期まで本当にかっこよかったよ。
大好きな飼い主さんと二人三脚で毎日を大切に生き抜いたね。
あなたの頑張りが誇らしいよ。
大きな子の希望となったアレサさんのキラキラした瞳を絶対に忘れない。
安らかに。

f:id:masami_takasu:20190811011030g:plain

【オタ福の語り部屋】 『高血糖』

『高血糖』についてです。 血糖値が上昇した時に考えるべきことを書いています。 猫では来院や注射によるストレスによって、一時的に高血糖を示すことがよくあります。 ストレスによるものなのか、病気によるものなのか、考える必要があります。

● 

8月10日(土)

チョコラッの闘病記|86話

最近、やたらに元気で、口内もピンク色。
なんと、血液検査の結果が基準値に!
実に14ヶ月振りに、貧血値から脱却しました。
頑張ったチョコラッと主治医に感謝です!

● 

【ご注意】
ツイッターで、ONLY FOR YOU が拡散しています

最近、フォロワーさんから、ONLY FOR YOUというDMが時々届くようになりました。
何だろうと調べたら、ツイッターの乗っ取りのようです。
ONLY FOR YOUというDMが来たら、開かないで削除してください。
もしも開いてしまっていても、今回のは悪性度は高くないので、落ち着いて対応してください。

● 

いつだって新米飼い主|1/5

ピィ子を迎えるに当たり思うのは、自分は新米飼い主だなあということ。18年前にピーチーを迎えた時のように、何も知らないのです。
どうやってトイレを教えたっけ?
家に帰ったら、テーブルの脚が1本無くなってたことがあったなあ。
あの破壊活動はどうやって躾けたっけ?

 

いつだって新米飼い主|2/5

18年前、ピーチーは警察犬の学校に入ってもらいました。
闘犬種だから、万が一の事故を恐れてです。
ブリーダーさんよると、今のブルテリアには問題犬はいない模様。
よってピィ子は、家で躾けます。
さて、上手くいくかなあ?
ブルテリアは、頑固で意地っ張りですから。

いつだって新米飼い主|3/5

確実に決めていることは2つ。
①粗食で育てること
今も思い出すのが、ピーチー晩年の頃の食事。
最後の最後まで、食べる楽しみを残してあげたいから、可哀そうだけれど、美味しいものへの階段は、一生かけてゆっくりと上がってもらいます。
ピーチーの教えですね。

いつだって新米飼い主|4/5

確実にやること2つ目。
②絶対に咬まない犬にすること。
犬種の特性で、顎の強さは犬の中で最強です。
万が一にでも人を噛んだら大事故で、下手をすると殺処分が待っています。
これだけはピーチーで徹底してやってきたので、覚えています。
覚悟しておけよ、ピィ子。

いつだって新米飼い主|5/5

分からないことだらけなので、皆さん色々と教えてくださいね。
きっと最初の高い壁は、トイレだなあ。
実はピーチーの時は、苦労をしたのです。
繰り返しになりますが、頑固者で意地っ張りでしたからねえ。
どれくらいで覚えてくれるかなあ?
おしまい
#犬を飼うということ

● 

【過去記事】
【低アルブミン血症】~ルイの闘病記(3/16)~

いっきに愛犬の腹水がひいて、間違いなくステロイドが効いていていると実感した作者。服用する薬は増えたけれど、愛犬は元気よくお散歩も出来ている。暗闇のなか、希望の光が見えたような気がした 。どうかこのまま…

● 

【老犬アルバム】みらいさん

No.90のみらいさん、お空の上はどうですか?
「22歳ってすごいね」って驚かれたかな?
「よく頑張ったね」ってみんな喜んでくれたでしょ?
そちらに向かったお友達がいるので、仲良くしてあげてね。
22年間、ありがとう。

f:id:masami_takasu:20190811011312g:plain

Withdog、Withcat より 

【8月11日版】先週は21記事と、7枚の老犬・老猫カードを配信しました。

――次回、週刊Withdog&Withcat――

――前回、週刊Withdog&Withcat――

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

最近のまとめ読み10作です

 老犬、老猫アルバム

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

犬を飼うということ

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

猫の話をしようか